耶馬渓。 by 空倶楽部

2017.03.19 Sunday

0

    高千穂峡 から、耶馬渓に向かう途中、阿蘇の山並みを通りました。

     

     

    阿蘇-1-1.jpg

    阿蘇山の空です。3月4日の午後です。 この日は曇りでした。

    中岳の噴火が見えるよう画像を加工しました。

     

    今日は19日空倶楽部の日です。発起人は、かず某様chacha○様です。

     

     

    耶馬渓-1.jpg

    シーズンオフの耶馬渓です。

     

     

     

    耶馬渓-1-1.jpg

    晴れた空に岩が浮き出ていました。

     

     

     

    耶馬渓-1-2.jpg

    ここを過ぎて青の洞門へ行きました。

     

     

     

    青の洞門-1-1.jpg

    青の洞門です。

     

     

     

    青の洞門-1.jpg

    川で溺れる人が多かったので、禅海和尚が30年をかけて作りました。

     

     

     

    禅海和尚-1.jpg

    菊池寛の小説「恩讐の彼方へ」でこの青の洞門が有名になりました。

     

     

     

    羅漢山展望台-1.jpg

    禅海和尚の寺,羅漢寺の展望台からの風景です。なお羅漢寺は全面撮影禁止でした。

     

     

     

    オーベルジェ楓の木-1.jpg

    この日、泊まったホテルの庭です。

    シーズンオフで泊まった人は私たちだけでした。

     

     

     

    ヤマガラ-1.jpg

    餌場にヤマガラがやって来ました。

     

     

    最終日は宇佐神宮へ寄りました。

     

     

    宇佐神宮-1-1.jpg

    宇佐神宮です。 英語で書くと、USA Shrine.

    和気清麻呂が道鏡事件でご神託をもらった神社です。

    一時、清麻呂は称徳天皇(孝謙天皇が2回目の天皇の時の名前)の怒りをかって、                      別部穢麻呂(わけのべのきたなまろ)と改名させられました。

                    

     

     

     

    宇佐神宮-1.jpg

    宇佐市で作られた、品物は英語で Made in USA か made at USA と書かれるのでしょうか。

    天皇制を守った功労者としてか、皇居には、和気清麻呂像が立ってます。

     

     

    鍋山磨崖仏-1.jpg

    大分空港へ行く途中に見た鍋山磨崖仏です。

    国東半島は磨崖仏の宝庫です。

     

    ご訪問ありがとうございます。

     

    高千穂峡。

    2017.03.12 Sunday

    0

      春の声を聞いて、九州へ行って来ました。

      宮崎空港で予約していたレンタカーを借りて、3日後、大分空港で返還しました。

      西都原古墳を見て高千穂に行きました。 2日目は耶馬渓を目指して阿蘇山の大観峰に立ち寄りました。

       

       

      高千穂峡-1.jpg

      高千穂峡です。 ここでゆっくり高千穂峡の観察です。

       

       

      高千穂峡-1-2.jpg

       

       

       

      高千穂峡-1-1.jpg

      柱状節理。素晴らしく見えました。

       

       

      高千穂峡-1-3.jpg

       

       

      高千穂峡-1-4.jpg

      流れの速い処では、シャター速度を遅くして撮りました。

       

       

      国見ケ丘-1.jpg

      高千穂にある、国見ケ丘です。 神武天皇のお孫さんが九州を統治する際、立ち寄った

      という伝説があります。雲海が綺麗に見えるそうです。

       

       

      西都原古墳-1.jpg

      その前に行った西都原古墳群です。

      風にそよぐ楠がここに安らへと誘っている様でした。

       

      鬼の塚古墳-1.jpg

      鬼の塚古墳、日本最大級の円墳だそうです。

       

       

      中岳-1-1.jpg

                           噴煙を上げる、中岳です。 この阿蘇の大観峰を超えて耶馬渓に向かいました。

       

       

                          次回は耶馬渓です。

       

                            ご訪問ありがとうございます。

       

       

       

       

       

      北海道紀行、最終回、サンゴソウの大群落、by 空倶楽部。

      2016.10.09 Sunday

      0

        今日は、10月9日、9の付く日は空俱楽部の日です。

         

         

         

        鉄塔-1.jpg

        今回のお題は「鉄塔と空」です。 これは10月1日に見た天都山で見た鉄塔です。

         

        空俱楽部の発起人は、かず某様と、chacha○様です。

         

        北海道紀行、最終回は、サンゴソウの群落を見学です。

         

         

        能取湖-1-1.jpg

        サンゴソウとはアッケシソウの事です。

         

         

        サンゴソウ-1.jpg

        能取湖の湖岸に群落が有ります。

         

         

        サンゴソウ-1-2.jpg

        夏まで、緑色の植物が、秋になると紅葉します。

         

         

        サンゴソウ-1-1.jpg

        汽水域に育つと言われています。

         

         

        キネアップ岬-1.jpg

        所は変わってサロマ湖畔のキムアネップ岬です。

         

         

        サンゴソウとアオサギ-1.jpg

        ここでは、サンゴソウとアオサギの集団がみられました。

         

         

        アオサギ-1.jpg

        アオサギが私に気付いて半分ほど飛び去りました。

         

         

        サンゴソウ-1-4.jpg

        サンゴソウのアップです。葉が無く、花も殆ど退化しています。

         

         

        サンゴソウ-1-5.jpg

        こちらのサンゴソウのほうが色合いが鮮やかでした。

         

        の近辺は小さな原生花園になっていました。

         

        ハマナス-1.jpg

        ハマナスです。

         

        カワラナデシコ-1.jpg

        カワラナデシコです。

         

         

        クサフジ-1.jpg

        クサフジです。

         

         

        花-1.jpg

        コウゾリナ? です。

         

         

        キムアネップ岬-1.jpg

        サロマ湖の地図です。

         

         

        能取岬-1.jpg

        サロマ湖を能取岬に行きました。ここから家路に着くため、女満別空港に向かいました。

         

         

        向日葵-1.jpg

        女満別空港のすぐ近くに向日葵畑がありました。遠くに空港の管制塔が写ってます。

         

        空港からエアドゥの飛行機で帰りました。

         

        ご訪問ありがとうございます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        北海道紀行その2、屈斜路湖からサロマ湖。

        2016.10.05 Wednesday

        0

          摩周湖の見学を終えて、一路美幌峠に向かいました。

           

           

          美幌峠-1.jpg

          美幌峠からみた、屈斜路湖です。 中島と和琴半島が見えました。

           

           

          ホテルから-1.jpg

          ホテルから見た網走湖です。

           

           

          天都山から見た網走湖.jpg

          天都山から見た網走湖です。

           

           

          天都山から見た網走.jpg

          天都山から見た網走市内です。

           

           

          網走湖-1-1.jpg

          網走湖の日の入りです。

           

           

          網走湖-1.jpg

          マジックアワーです。

           

          最後の日、ホテルのオーナーに教えられて鮭の遡上を見に行きました。

           

           

          網走川-1.jpg

          なんの変哲も無い、網走川です。

           

           

          鮭-1.jpg

          鮭は遡上していました。

           

           

          鮭-1-1.jpg

          ここで、人工授精のため捉えられてしまいます。

          カメラをAI SERBO,連写にセットして漸く鮭の跳ねている所を撮りました。

           

           

          次はサロマ湖へ、砂利道を10キロほど走って幌岩山の展望台にたどり着きました。

           

          サロマ湖展望台-1.jpg

          標高376m の山頂にあります。

           

           

          サロマ湖-1.jpg

          サロマ湖、右奥がワッカ原生花園です。

           

           

          サロマ湖-1-1.jpg

          サロマ湖です。

           

           

          そして遂に珊瑚草の群生地、

           

           

          珊瑚草-1.jpg

          能取湖畔に着きました。

           

          ここの珊瑚草とサロマ湖畔で見た、珊瑚草は次回にアップします。

           

          ご訪問ありがとうございます。

           

           

           

           


           

          北海道紀行、釧路から摩周湖へ。

          2016.10.02 Sunday

          0

            釧路空港からレンタカーを借りて阿寒、摩周湖、能取湖、サロマ湖を経て女満別空港でレンタカーを返して帰宅するプランを

            たてました。目的の一つが珊瑚草を見る事です。

             

             

            2日目の、摩周湖から釧路へ順番を反対にしてブログを書きました。

             

             

            摩周湖-1.jpg

            摩周湖とカムイヌプリ(摩周岳)です。

             

             

            カムイシュ島.jpg

            カムイシュ島です。

             

             

            摩周湖-1-1.jpg

            第三展望台からの写真です。

             

             

             

            屈斜路湖-1-1.jpg

            後ろを振り返ると屈斜路湖が見えます。

             

             

             

            ベンケトー.jpg

            双湖台から見たペンケトーです。北海道の形をしているので人気だそうです。

             

             

            阿寒湖の近くにあるオンネトーの写真です。

             

             

            オンニトー-1-1.jpg

            オンネトーです。

             

             

            オンネトー-1.jpg

            水の色が色々に見える湖です。

             

             

            紅葉-1.jpg

            対岸の紅葉です。

             

             

            雌阿寒岳-1.jpg

            雌阿寒岳です。

             

             

            阿寒富士-1.jpg

            阿寒富士です。

             

             

            sirakaba-1.jpg

            白樺です。

             

            初日は曇り時々雨でしたので、釧路市丹頂鶴自然公園に行きました。

             

            丹頂-1-5.jpg

            丹頂の番です。

             

             

            丹頂-1-4.jpg

            魚の切り身の餌を食べていました。

             

             

            丹頂-1-2.jpg

            毛繕いをした毛が嘴に残っていました。

             

             

            丹頂-1-3.jpg

            丹頂の尻尾はパンダと同じく白です。

             

            ご訪問ありがとうございます。

             

             

             

             

             

             

            秋吉台、秋芳洞、by 空倶楽部。

            2016.04.09 Saturday

            0
              山口県の、秋吉台、秋芳洞に行って来ました。 本日から空倶楽部に入り初めてのアップです。



              秋吉台-1-2.jpg
              秋吉台、の展望台からの写真です。 4月2日12:15.


              秋吉台-1.jpg



              長者の森-1.jpg
              長者の森、ここまでは近くの駐車場から徒歩10分で行けます。


              秋吉台-1-3.jpg
              地獄台、ここまでは長者の森から30分位です。



              秋吉台-1-4.jpg
              石灰岩柱です。


              次に秋芳洞に行きました。


              秋芳洞-1.jpg
              秋芳洞の入口です。


              秋芳洞-1-1.jpg
              モノトーンで撮りました。



              秋芳洞-1-2.jpg
              秋吉台にはこのような鍾乳洞が約400、あるそうです。


              秋芳洞-1-3.jpg
              全て珊瑚礁が堆積して、2億年かかって出来た秋吉台の恵みです。


              秋芳洞-1-4.jpg
              神秘的でした。


              反射-1.jpg
              水面に石灰岩が反射しています。

              空倶楽部は、かず某様chacha○様が主催しています。

              ご訪問ありがとうございます。


               

              山口県の旅。

              2016.04.03 Sunday

              0
                北九州空港でレンタカーを借りて、山口宇部空港で返す、3日間の旅行に行って来ました。

                まずは山口タウンからです。


                一の坂川-1.jpg
                一の坂川です。


                五重塔-1.jpg
                香山公園の瑠璃光寺の国宝の五重塔です。


                五重塔-1-1.jpg
                守護大名、大内氏の文化を彷彿とさせます。


                板扉、連子窓-1.jpg
                連子窓(れんじまど)と観音開きの板扉です。


                高欄-1.jpg
                二重目の高欄です。擬宝珠に禅宗様の影響があります。


                風鐸、隅木-1.jpg
                風鐸と隅木です。 垂木は全て平行垂木、和様の建築様式です。


                敬親墓所-1.jpg
                ここに毛利氏の墓所があります。 これは「そうせい候」と言われた毛利敬親の墓です。


                常栄寺雪舟庭-1.jpg
                次に訪れたのは、常栄寺雪舟庭です。

                この頃、降っていた雨が止み、急遽、萩市へ行きました。


                南門跡-1.jpg
                萩城址、南門です。


                萩城址-1.jpg
                萩城址です。 指月山の麓にあります。


                萩城址-1-1.jpg
                天守閣跡から見た風景です。


                天守閣跡-1.jpg
                天守閣跡です。


                毛利輝元-1.jpg
                毛利輝元の像です。

                順番が前後しますが、これより北九州空港からの旅へ戻ります。


                関門海峡-1.jpg
                関門道、めかりパーキングエリアから見た関門海峡です。 泳いで渡れそうな距離です。

                元の隅稲荷神社-1.jpg
                長門市の元の隅稲荷神社です。


                東後畑棚田-1.jpg
                東後畑棚田です。


                日本海-1.jpg
                棚田の後ろに見える日本海です。 モノトーンで撮りました。

                次回は秋吉台、秋芳洞です。

                ご訪問ありがとうございます。

                 

                高知城。

                2016.03.12 Saturday

                0
                  最終日は高知城に行きました。


                  高知城-1.jpg
                  現存する天守閣があるお城は全国に12城ありますが、ここもそのうちの一つです。




                  高知城-1-1.jpg
                  天守閣には二つの種類がありますが、ここは望楼型天守閣です。




                  城-1-2.jpg
                  黒鉄門を出たところの石垣です。




                  梅の段-1.jpg
                  梅林をここでは、梅の段と呼んでます。




                  梅の段-1-1.jpg
                  見事な石垣、近江の穴太衆(あのうしゅう)によって作られたと言われています。




                  城-1.jpg
                  全国にほぼ完全な形で残っているのは、ここだけと言われる、本丸御殿への入り口です。
                  ベタベタ貼った張り紙が気になります。


                  城-1-1.jpg
                  天守閣に直接打ち付けられた「注意書き」です。
                  重要文化財に管理者がこんなことをして良いのかと、目を疑います。

                  文化財を愛して大事にする気持ちは無いのでしょうか。

                  高知城を後にしてはりまや橋へ向かいました。


                  はりまや橋-1-1.jpg
                  日本三大がっかり名所と言われています。



                  はりまや橋-1.jpg
                  現在のはりまや橋です。

                  子供たちが小学生の時、ここに来ました。

                  ここで「お坊さんがかんざしを買ったんだって」と私が言うと 息子が怪訝そうな顔をして、

                  「お坊さんがかんざしをしたら、怪我するのに」と言いました。

                  私もその時、この子供の頃に戻りたいと思いました。


                  はりまや橋-1-2.jpg
                  三つ目のはりまや橋です。


                  高知城に来る前に、安芸市にある岩崎弥太郎の生家に立ち寄りました。


                  岩崎-1.jpg
                  岩崎弥太郎の生家です。


                  三菱-1.jpg
                  三菱の紋の由来が書いてありました。


                  ご訪問ありがとうございます。

                  沈下橋。

                  2016.03.09 Wednesday

                  0
                    最後の清流と言われる四万十川を下流から上流に辿りながら、沈下橋を堪能してきました。


                    佐田-1.jpg
                    佐田の沈下橋です。



                    佐田-1-1.jpg
                    流域の美しい風景です。



                    三里-1.jpg
                    三里の沈下橋です。


                    三里-1-1.jpg
                    車で渡りました。中央の広くなった所で人や自転車とすれ違います。



                    岩間-1.jpg
                    岩間の沈下橋です。


                    岩間-1-1.jpg
                    ここも車で渡りました。


                    上流-1-1.jpg
                    四万十川の上流です。



                    上流-1.jpg
                    流石に流れが速いです。


                    岩-1.jpg
                    この岩を見て崇徳院の短歌を思い出しました。

                    「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わんとぞ思う」

                    ここで四万十川と別れを告げ、室戸岬の近くのホテルに向かいました。


                    ホテル-1.jpg 
                    新婚さん向きの部屋でした。


                    ホテル-1-1.jpg
                    スイートルームが空いていましたのでそこを予約しておきました。



                    朝日-1.jpg
                    翌朝、部屋から朝日が見えました。


                    ビシャゴ岩-1.jpg
                    ホテルの近くのビシャゴ岩です。


                    えぼし岩-1.jpg
                    烏帽子岩です。


                    海岸線-1.jpg
                    海岸線です。


                    ミサゴ-1.jpg
                    トウヒでしょうか、モノトーンで撮って見ました。


                    ホテルを出て室戸岬灯台へ向かいました。


                    室戸岬灯台-1.jpg
                    室戸岬灯台です。


                    津呂山-1.jpg
                    近くの展望台から見た景色です。


                    津呂山-1-1.jpg
                    豪快な風景でした。

                    最終日は高知城です。


                    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
                    数学の日

                    アメリカの数学の日は3月14日、円周率にちなんでいます。

                    ヨーロッパ諸国では7月22日が多いです。
                    7÷22≒3.14 から来ました。

                    ベルヌーイの定理を世界で最初に発表した、関孝和のいる日本には数学の日がありません。

                    私は日本に数学の日を作るなら6月28日が良いと思います。

                    6の約数は、1,2,3、の三つです。 その約数の和、1+2+3=6です。
                    このような数を完全数と呼びます。

                    6の次の完全数は28です。

                    28の約数は、1、2、4、7、14 です。
                    1+2+4+7+14=28

                    6月28日、完全数の日を数学の日にしたいなと思っています。



                     

                    円通院、青葉城址。

                    2015.11.13 Friday

                    0
                      松島海岸に近い円通院に行きました。


                      円通院-1.jpg
                      ここは、伊達政宗の嫡孫の菩提寺です。


                      円通院-1-1.jpg
                      あの有名な、瑞巌寺の隣に位置しています。


                      円通院-1-2.jpg
                      あの東北大震災の時、ここまで津波が押し寄せたそうですが、被害はほとんど無かったそうです。


                      円通院-1-3.jpg
                      瑞巌寺は、杉並木の参道が津波の被害と塩害で、大規模な工事をやっていました。


                      円通院-1-4.jpg
                      この丸窓から、顔を出して写真を撮ると、美人の人は、より美しくなるようです。

                      私の妻はそれなりに映りました。



                      円通院-1-5.jpg
                      イロハモミジが素敵でした。


                      五大堂-1-1.jpg
                      これは、松島海岸に建つ、瑞巌寺の五大堂です。

                      この後、青葉城址に向かいました。


                      青葉条-1.jpg
                      伊達政宗の像です。


                      青葉城-1.jpg
                      広瀬川と仙台の街並みです。


                      広瀬川というと、青葉城恋唄 を思い出します。



                      ドウダンツツジ-1.jpg
                      真っ赤に紅葉していたドウダンツツジです。 春に小さな花が沢山咲いた様子が満天の星に
                      似ているので、中国では、「満天星」と呼ばれています。

                      一年に2度、楽しませて呉れる植物です。

                      ご訪問ありがとうございます。