日本最西端の島、与那国島。

2019.01.20 Sunday

0

    羽田空港、那覇空港、石垣空港、と乗り継いで与那国島に行って来ました。

     

     

    日本最西端の地-1.jpg

    2日目は与那国島巡りです。

     

     

    西崎灯台-1-2.jpg

    東崎灯台(あがりざき)。今回も毎日雨でした。

     

     

    立神岩-1.jpg

    立神岩です。

     

     

    立神岩アップ-1.jpg

    アップです。

     

     

    波高し-1.jpg

    波も高かったです。

     

     

    与那国馬-1.jpg

    与那国馬です。

     

     

    与那国馬-1-1.jpg

    雨に耐えてかたまっていました。

     

     

    海底探査船-1.jpg

    与那国島の海底遺跡の見学です。

     

     

    海底遺跡-1.jpg

    海底遺跡でしょうか。

     

     

    海底遺跡-1-1.jpg

    自然現象でしょうか。

     

     

    海底遺跡-1-2.jpg

    答えはまだ出てない様です。

     

     

    烏賊はこの島で見た植物です。

     

     

    ハイビスカス-1.jpg

    ハイビスカス、萼片がハイビスカス茶になるそうです。

     

     

    ブーゲンビリア-1-1.jpg

    ブーゲンビリア、白い部分が花、赤い部分は葉っぱです。

     

     

    サンダンカ-1.jpg

    サンダンカ。

     

     

    実は以前にも与那国島に行きました。

     

    Yonaguni island part1.

     

    Yonaguni island part 3.

     

     

    其のころは英語と日本語でブログを書いていました。

    ハンドバッグの輸入業をやっていたことが有るので英語を忘れないためでした。

     

    今は日本語のブログと英語のブログと2つ別にしました。

     

     

     

     

    鋸山と、をくずれ水仙郷、最終回。

    2018.12.24 Monday

    0
      水仙郷歩きの後半です。


      シロバナタンポポ-1.jpg
      シロバナタンポポ。


      ワタゲ-1.jpg
      タンポポの綿毛、萼片が変化したもので冠毛と呼ばれます。
      種の一部が変化したものは、種髪と呼びます。


      ユズ-1.jpg
      ユズ。


      ユズの葉-1.jpg
      ユズの葉っぱ、葉柄の部分に小さな葉がもう一つあるのがユズの特徴です。
      これは複葉が退化したもので翼葉と呼ばれます。


      佐久間ダム-1.jpg
      終着地の佐久間ダムです。


      佐久間ダム-1-1.jpg
      農業用水のためのダムです。


      帰りの富士-1.jpg
      帰りの海ほたるから見た富士山です。


      工場-1.jpg
      川崎近辺の工場夜景です。


      今日はクリスマスイブ、楽しい一日をお過ごし下さい。



       

      鋸山とをくずれ水仙郷、sono1.

      2018.12.20 Thursday

      0
        東京湾アクアラインを通って鋸山と、をくずれ水仙郷に行って来ました。


        海蛍-1.jpg
        海ほたるです。 Tokyo Bay Oasis.


        富士山-1.jpg
        富士山です。

        鋸山に着きました。


        百尺観音-1.jpg
        日本寺の百尺観音です。


        地獄覗き-1.jpg
        地獄のぞき、です。


        久里浜、金谷-1.jpg
        向かいが久里浜、手前が金谷、東京湾フェリーです。


        フェリー-1.jpg
        カーフェリー、いずれも、地獄のぞき、からの眺めです。

        次は、をくずれ水仙郷です。


        をくずれ水仙郷-1.jpg
        水仙が咲き誇っています。


        水仙郷-1.jpg



        水仙-1.jpg
        日を浴びてほほ笑む水仙です。

        スイセン-1.jpg
        雌しべは1本、雄しべは6本あるそうです。

        ここにはもう春が来ていました。


        菜の花-1.jpg
        菜の花。

        オオイヌノフグリ-1.jpg
        オオイヌノフグリ。


        カタバミ-1.jpg
        カタバミ。


        ホトケノザ-1.jpg
        ホトケノザの群生。

        ホトケノザ-1-1.jpg
        ホトケノザ。

        次回に続きます。


         

        伊豆の旅、滑沢渓谷と旭滝。

        2018.12.10 Monday

        0
          伊豆の旅は写真を撮る旅でした。

          滑沢渓谷では、


          滑沢渓谷-1.jpg
          紅葉と川の流れです。


          滑沢渓谷-1-1.jpg
          ND1000のフィルターを使いました。


          滑沢渓谷-1-2.jpg
          少し上流に行った所です。


          旭滝-1.jpg
          旭滝です。


          旭滝-1-1.jpg
          これもフィルターを使いました。

          2日目は御用邸の庭園を見学しながら夕方を待ちました。


          御用邸 宴-1.jpg
          沼津御用邸内の「宴」という作品です。

          御用邸記念公園の海岸に行って、


          達磨夕日-1.jpg
          初日に夕日を撮りました。「達磨夕日」を撮る予定でした。


          夕日-1.jpg
          2日目も達磨夕日は撮れませんでした。 


          船-1.jpg
          漁船を撮って達磨夕日は断念しました。 英語名では Ω(オメガ)夕日とも言うそうです。
          達磨夕日には達磨だけに手も足も出ませんでした。


           

          伊豆の旅、虹の郷、修善寺もみじ林。

          2018.12.06 Thursday

          0
            伊豆に行って来ました。先ずは虹の郷と隣接する修善寺もみじ林です。


            虹の里-1-3.jpg
            虹の郷の日本庭園です。


            虹の里-1-4.jpg
            もみじが満開です。


            もみじ林-1.jpg
            もみじ林です。


            はい、ポーズ-1.jpg
            あたかも、いらっしゃいませ、とポーズを作っているみたいでした。


            逆光-1.jpg
            もみじ虹の郷に戻りました。もみじは矢張り逆光で撮ると良いですね。


            グラデーション-1.jpg
            グラデーションも良かったです。


            もみじの種類-1.jpg
            モミジの種類、なかなか見分けられませんでした。

            虹の里-1.jpg
            これも日が差したので慌てて撮りました。

            虹の里-1-5.jpg
            虹の郷の入り口はイギリス村です。


            イギリス-1.jpg
            まるでイギリスに来たみたいです。


            クリスマス-1.jpg
            もう今は至る所でクリスマスソングですね。

            次回も伊豆の旅です。

             

            何処にも行かない温泉旅行。

            2018.11.25 Sunday

            0
              観光地には何処にも行かない温泉旅行のツアーに参加してきました。

              東北新幹線の盛岡駅下車で観光バスで秋田県の日景温泉へ目指します。


              岩手山-1.jpg
              バスの窓から見た、岩手山です。今回は3日間とも雨でした。


              日景温泉-1.jpg
              日景温泉に着きました。


              初雪-1.jpg
              翌朝は初雪が降りました。


              ここを出発して昼食後、岩手県の湯川温泉、山人(やまど)に向かいます。

              初雪-1-1.jpg
              雪景色です。


              北上川-1.jpg
              北上川です。


              錦秋湖-1.jpg
              錦秋湖です。


              山人-1-2.jpg
              山人に到着です。


              山人-1-1.jpg
              山人の玄関です。


              部屋の温泉-1.jpg
              部屋に着いてる温泉です。


              貸し切り風呂-1.jpg
              貸し切りの露天風呂です。

              たっぷりの時間を読書に費やしました。
              飛鳥兇領垢塙腓錣擦6冊読了しました。

              読んだ本の抜粋です。

              「世界をこの目で」 黒木 亮のエッセイです。
              彼の著書はほとんど読みました。「巨大投資銀行」が良かったです。

              「ゾウの時間、ネズミの時間」 本川 達夫、
              「ウニはすごいバッタもすごい生物学」も良かったです。

              「虹の彼方」 小池 真理子、
              男と女の心理描写が良かったです。




               

              おれんじ食堂列車と飛鳥供

              2018.11.18 Sunday

              0
                羽田空港から熊本空港へ行き、山鹿灯篭のデモンストレーションを見て。
                山鹿温泉の宿に一泊しました。


                上弦の月-1.jpg
                旅の宿に着いて、夜、空を見上げると上弦の月でした。


                菊池川-1-1.jpg
                温泉の宿は菊池川のほとりでした。

                朝靄-1.jpg
                朝霧が立ち込めた菊池川。


                朝靄-1-1.jpg
                旅館のベランダから写しました。


                コサギ-1-1.jpg
                川辺には2羽のコサギがいました。


                コサギ-1.jpg
                コサギの飛翔です。


                2日目はバスでJR新八代駅まで行って、そこで、おれんじ食堂列車に乗りました。


                おれんじ食堂-1.jpg
                おれんじ食堂列車、鹿児島の川内駅まで行きます。


                ランチ-1.jpg
                11時半からフルコースの食事です。


                お見送り-1.jpg
                駅での見送りです。

                列車は東シナ海にの車窓に見ながら走ります。

                重盤岩-1.jpg
                熊本県津奈木町の重盤岩(ちょうはんがん)です。


                薩摩高城-1.jpg
                薩摩高城駅(さつまたきえき)でお散歩タイムです。
                東シナ海に一番近い海岸です。


                トベラ-1.jpg
                トベラが実を付けていました。

                川内駅で下車をしました。


                城山-1.jpg
                鹿児島県の観光は唯一、城山公園から見る桜島だけでした。


                飛鳥?-1.jpg
                いよいよ飛鳥兇望菫イ任后


                船内-1.jpg
                部屋はCスイートです。

                桜島-1.jpg
                ベランダからは桜島の噴火が見えました。


                デッキ-1.jpg
                12階の甲板です。


                バルコニー-1.jpg
                部屋のベランダでは潮風に吹かれながら読書も楽しみました。

                飛鳥兇任2泊しました。

                色々なエンターテインメントも楽しみました。

                ピアノの独奏があったので2曲リクエストしました。

                To love again.
                 と 
                As the time goes by.です。

                2曲とも弾いて呉れました。


                夕日 コラージュ.jpg 飛鳥兇濃った日の入りとマジックアワーです。


                最終日の朝も快晴でした。


                富士山-1.jpg
                富士山です。


                ランドマークタワー-1.jpg
                ランドマークタワーのある、みなとみらい、です。


                ベイブリッジ-1.jpg
                ベイブリッジをくぐって、横浜の大桟橋に無事入港しました。

                3泊4日の旅も終わりました。







                 

                紅葉を求めて、秋保大滝、山寺。

                2018.11.12 Monday

                0
                  最終日はまず、秋保大滝です。


                  秋保大滝-1.jpg
                  秋保大滝(あきうおおたき)。


                  秋保大滝-1-1.jpg
                  連日の雨で水量が豊富です。


                  秋保大滝の紅葉-1.jpg
                  秋保大滝の紅葉です。


                  秋保観音-1.jpg
                  この滝は秋保観音の境内にあります。


                  ホテル-1.jpg
                  前日泊まったホテルの庭です。露天風呂にも大きな滝が有りました。
                  秋保大滝のイメージかなと思いました。


                  五大堂-1.jpg
                  次は山寺です。 左が五大堂、右が開山堂です。


                  五大堂アップ-1.jpg
                  そのアップです。 ここまで階段を登って行きました。


                  登山口-1.jpg
                  登山口です。


                  四寸道-1.jpg
                  四寸道、ここで渋滞が起こります。


                  蝉-1.jpg
                  蝉塚の前にそびえる百条岩です。

                   静けさや 岩にしみいる 蝉の声。
                  静かさや 岩にしみいる 蝉の声

                  静かさか静けさか、芭蕉が推敲したと言われる俳句です。


                  仁王門-1.jpg
                  仁王門、雨なので後ろ側だけ載せました。


                  山寺-1.jpg
                  山寺の風景。


                  開山堂と納経堂-1.jpg
                  右が開山堂、左が納経堂です。


                  五大堂からの眺め-1.jpg
                  五大堂からの眺めです。雨で少し霞んでいます。


                  13日から九州に行きます。帰りは鹿児島から飛鳥兇望茲辰堂I佑泙婆瓩詬縦蠅任后

                   

                  紅葉を求めて、抱き帰り渓谷、厳美渓。

                  2018.11.08 Thursday

                  0
                    抱き帰り渓谷は、角館駅から車で20分位の所にあります。


                    抱き帰り渓谷-1.jpg
                    紅葉はまだ始まったばかりでした。


                    抱き帰り渓谷-1-1.jpg
                    回顧の滝(みかえりのたき)まで往復1時間半位です。


                    抱き帰り渓谷 木五倍子-1.jpg
                    キブシの様な木があたかも浮世絵の構図にあるように立っていました。


                    呉座の石-1.jpg
                    呉座の石です。


                    回顧の滝-1.jpg
                    回顧の滝です。


                    紅葉-1.jpg
                    途中で見たカエデの紅葉です。


                    紅葉-1-1.jpg
                    木の枝に翼がる木、ニシキギかしらコマユミかしら、同定出来ません。

                    翌日は岩手県の厳美渓に行きました。


                    厳美渓-1.jpg
                    厳美渓です。


                    厳美渓-1-1.jpg
                    毎日雨でしたがここだけはほとんど晴れていました。


                    厳美渓-1-2.jpg
                    下流の方です。


                    厳美渓-1-3.jpg
                    ここでは「紅葉より団子」で有名な空飛ぶだんごの郭公だんごが名物ですが、
                    それは無視しました。

                    次回は秋保大滝と山寺です。






                     

                    紅葉を求めて、鳴子峡谷。

                    2018.11.04 Sunday

                    0
                      紅葉を求めて、新幹線の角館で下車、そこからレンタカーで、秋田の抱き帰り渓谷、岩手の厳美渓、宮城の鳴子峡、
                      秋保大滝、山形の山寺と周り、仙台駅でレンタカーを返却して戻りました。


                      一番見事な紅葉の鳴子峡から始まりです。


                      鳴子峡-1.jpg
                      鳴子峡レストハウスの近くからの眺めです。


                      アップ-1.jpg
                      アップです。パンフレットの写真そのままだという声が多く聞こえました。


                      鳴子峡-1-3.jpg
                      峡谷へ降りて行きます。


                      鳴子峡-1-1.jpg
                      雨の中下へ下へと降りて行きます。


                      鳴子峡-1-2.jpg
                      一番下まで行きました。


                      鳴子峡 一番下-1.jpg
                      橋の上から一番下の風景を撮りました。


                      鳴子峡-1-4.jpg
                      これがそのアップです。

                      一眼レフカメラをキャリーバッグに入れよか、リュックに入れよか迷いました。(電車に乗るので)
                      リュックに入れたつもりが入れ忘れ、マクロ用のコンデジで撮りました。
                      (飛行機ならリュックなので)

                      教訓
                      迷ったらまず実行、そして必ず確認です。