江戸の坂

2010.01.23 Saturday

0

      某NPOの講師の案内で文京区を中心とした坂歩きをしてきました。

     ねずみ坂

     上、左、音羽の谷から小日向へ上がる「ねずみ坂」、細いのでねずみ坂と言われているという説もあります。 右、八幡坂です。
     下、「鷺坂」です。

     胸突き坂

     上、左、関口芭蕉庵の角から目白通りに抜ける「胸突坂」です。他の3枚は芭蕉庵の中です。

     豊坂

     上、日本女子大の傍の「豊坂」です。
     下、左、「小布施坂」 右、狭くて日当たりが悪いので「日無坂」です。

     富士見坂

     上、昔、富士山が見えたので「富士見坂」 下、目白の地名のもとになった金乗院とその境内にある「目白不動尊」です。

     のぞき坂

     

    「のぞき坂」、都内で1番急な坂で約15度のこう配があります。
     あまり急な坂なのでおそる、おそる覗き込んだことからこの名前が付きました。
     ここは早稲田から目白通りへ向かう抜け道です。 私も何度か車で通りましたが途中でエンストしたら困ると思うほど急な坂です。

     世の中には坂道愛好家が沢山いるそうです。 他にもY字路愛好家とか、五差路愛好家とか色々いるそうです。

     今日のテーマは「坂道をとおして江戸を知る」だそうです。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL