スポンサーサイト

2020.02.14 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    高麗山と北山公園

    2010.06.13 Sunday

    0
        高麗山(大磯)と北山公園(東村山)に2日続けて行きました。

       高麗山も北山公園も行くのは2回目です。 高麗山はJR大磯駅のすぐ近くが登山口です。

      ヤマホロシ-1.jpg
      沢山の花が咲いていました。
      上段左、ヤマホロシ(ナス科)です。 右、アカショウマ(ユキノシタ科)です。花は白いのですが茎の節が赤くなるので赤ショウマと呼ばれてます。
      下段左、オニシバリ(ジンチョウゲ科)です。 別名、夏坊主、夏になると葉が落ちて丸坊主になります。幹がとても丈夫で鬼を縛れるということから、この名が付きました。 右、ユキノシタ(ユキノシタ科)です。

      ヤブニッケイ-1.jpg
       上段左、アカバナユウゲショウ(アカバナ科)です。 右、キキョウソウ(キキョウ科)帰化植物です。
       下段左、ホトルブクロ(キキョウ科)です。 右、ヒルザキツキミソウ(アカバナ科)です。

                    澤田美喜-1.jpg
       大磯駅前には混血児の施設として有名だったエリザベスサンダーホームから発展した聖ステパノ学園があり、その隣に、ここの創始者の澤田美喜記念館があります。 この記念館には澤田氏があつめたかくれキリシタンの遺品が集められているそうです。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       翌日は北山公園(東村山市)を散策しました。

       ハンショウブ受粉-1.jpg
       ハナショウブが満開です。
       下段左の手前の花びらに黄色い部分があります。これが虫たちの滑走路になります。黄色い部分の上にある小さな花びらを持ち上げると 雌蕊が見えてきます。(写真右)虫たちはその中へ入り込んで蜜を貰うかわりに受粉の手伝いをします。

      ハナキササゲ2-1.jpg
       上段左、平安貴族が好んだ紫色です。 右、江戸の武士が好んだ「江戸紫」です。
       下段、ハナキササゲ(ノウゼンカズラ科)の木です。花が満開です。右がその花のアップです。

       明日から関東は梅雨入りだそうです。 晴れた日に行けてラッキーでした。

      スポンサーサイト

      2020.02.14 Friday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL