沈下橋。

2016.03.09 Wednesday

0
    最後の清流と言われる四万十川を下流から上流に辿りながら、沈下橋を堪能してきました。


    佐田-1.jpg
    佐田の沈下橋です。



    佐田-1-1.jpg
    流域の美しい風景です。



    三里-1.jpg
    三里の沈下橋です。


    三里-1-1.jpg
    車で渡りました。中央の広くなった所で人や自転車とすれ違います。



    岩間-1.jpg
    岩間の沈下橋です。


    岩間-1-1.jpg
    ここも車で渡りました。


    上流-1-1.jpg
    四万十川の上流です。



    上流-1.jpg
    流石に流れが速いです。


    岩-1.jpg
    この岩を見て崇徳院の短歌を思い出しました。

    「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わんとぞ思う」

    ここで四万十川と別れを告げ、室戸岬の近くのホテルに向かいました。


    ホテル-1.jpg 
    新婚さん向きの部屋でした。


    ホテル-1-1.jpg
    スイートルームが空いていましたのでそこを予約しておきました。



    朝日-1.jpg
    翌朝、部屋から朝日が見えました。


    ビシャゴ岩-1.jpg
    ホテルの近くのビシャゴ岩です。


    えぼし岩-1.jpg
    烏帽子岩です。


    海岸線-1.jpg
    海岸線です。


    ミサゴ-1.jpg
    トウヒでしょうか、モノトーンで撮って見ました。


    ホテルを出て室戸岬灯台へ向かいました。


    室戸岬灯台-1.jpg
    室戸岬灯台です。


    津呂山-1.jpg
    近くの展望台から見た景色です。


    津呂山-1-1.jpg
    豪快な風景でした。

    最終日は高知城です。


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    数学の日

    アメリカの数学の日は3月14日、円周率にちなんでいます。

    ヨーロッパ諸国では7月22日が多いです。
    7÷22≒3.14 から来ました。

    ベルヌーイの定理を世界で最初に発表した、関孝和のいる日本には数学の日がありません。

    私は日本に数学の日を作るなら6月28日が良いと思います。

    6の約数は、1,2,3、の三つです。 その約数の和、1+2+3=6です。
    このような数を完全数と呼びます。

    6の次の完全数は28です。

    28の約数は、1、2、4、7、14 です。
    1+2+4+7+14=28

    6月28日、完全数の日を数学の日にしたいなと思っています。



     
    コメント
    こんばんは。

    沈下橋は独特ですよね。
    沈下橋を車で渡るのは怖くなかったですか…。
    愛媛にはこういう川らしい川が少ないので、四万十川を見ると、「川だな〜」 と思います。
    室戸岬で宿泊されたのですね。
    もう少し寒い頃で雲がなかったら、だるま朝日が見えたかもしれませんね。
    高知から見る広い太平洋も愛媛では見ることができないものです。
    • by 
    • 2016/03/09 7:26 PM
    こんばんは!
    ↓の四国梅花黄蓮をじっくり見させてただきました♪
    可愛い花ですね!
    見た目にはこちらで見る梅花黄連との違いはなかなか分かりませんが、
    花弁の舷部や花柱が強く反曲するなどの特徴があるようですね♪
    一度会いたいものです!
    沈下橋は車でも通れるのですね 驚)
    夕陽が綺麗です!
    いい旅でしたね!
    • by makira
    • 2016/03/09 9:50 PM
    沈下橋、こちらにもあります
    車で通るのは怖くなかったですか?
    欄干がないから、少し間違ったら
    脱輪しそうですねw
    美しい川の光景いいですねー
    • by 由乃
    • 2016/03/09 10:45 PM
    沈下橋を車で渡るのは怖くなかったですか・・
    近道だと通りますよね いい絵になりますよね!
    こちらでは 潜水橋といってます。
    実際 川の水すれすれの時がありますが、通行止めになります。
    すてきなご旅行でしたね。
    え〜〜ここを車で?
    私にはとうてい無理そうです(^_^;)
    いつもながら素敵な旅を満喫していらっしゃいますね!
    私も一度はスイートルームに泊まってみたいわ〜
    • by しずか
    • 2016/03/10 2:00 AM
    おはようございます^-^
    四万十川まで行かれたんですね!
    私も行きたかったのですが、高知市内からは少し遠かったのであきらたんですよね。
    部屋から見える朝日、最高ですね♪
    約数、完全数、懐かしいです。
    静様
     おはようございます。車で渡る沈下橋は楽しかったです。達磨朝日の写真を以前に見ていましたので、期待していましたが、朝方は雲が多くて見られませんでした。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 8:50 AM
     makira様
     おはようございます。シコクバイカオウレンの説明に花柱が湾曲すると書いてありました。牧野富太郎氏の頃は区別していなかった様です。
     朝日でしたが、夕日のようにも見えます。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 8:53 AM
     由乃様
     おはようございます。仁淀川のほうが清流だと案内書に書いてありましたが、四万十川も美しい風景でした。
     沈下橋はトラックが渡っていましたので、安心して渡りました。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 8:56 AM
     ちごゆり嘉子様
     おはようございます。ありがとうございます。四万十川の清流をドライブしてみたかったので、思いが叶いました。
     潜水橋、分かりやすい名前ですね。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 8:59 AM
     しずか様
     おはようございます。沈下橋の通行楽でした。自転車で来ていた観光客に通りますからと声をかけて中央の広いところに待機してもらったりしました。 私も別の人と泊まってみたいですが、そうはいきませんです。
     
    • by Minoru
    • 2016/03/10 9:02 AM
     あとほ様
     おはようございます。あとほ様もいろいろ旅をされていますので、また機会があると思います。
     四万十川の橋巡り、ようやく行けたという思いです。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 9:04 AM
     沈下橋は増水時には沈んでしまう橋で、4四万十は有名ですね。
    それにしても、あの欄干のない橋を車で?(@_@;)

     私は一時間ほど、川からの遊覧を楽しみました。
    途中、昔からの川漁も見ましたよ。

     素敵なホテルですね。

     私は泊まった湯宿から朝早く、あの荒々しい岩の間をぬって、弘法大師の(みくろ洞)まで歩きました。
    こんにちは

    とても素敵な景色ですね
    この橋は、車で渡るのは怖そうです〜(@_@;)

    ホテルのお部屋が本当に素敵♪
    お部屋から朝日も望めて(^^)vいうこと無しですね★
    • by 笑子
    • 2016/03/10 4:11 PM
    guuchan 様
     こんばんは。ありがとうございます。みくろ洞は閉鎖されていると聞いて行きませんでした。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 10:55 PM
     笑子様
     こんばんは。ありがとうございます。天気が良いとお日様は達磨朝日と言われる様な形で現れるそうですが、今回は見られませんでした。
    • by Minoru
    • 2016/03/10 10:57 PM
    お早うございます(^_^*)
    有名な沈下橋、複数あるんですね。
    そこを車で通れるとは知りませんでした。
    ホテルのお部屋からの朝日、素晴らしいですね〜(^O^☆♪
    • by juju
    • 2016/03/11 6:43 AM
    juju 様
     こんばんは。ありがとうございます。四万十川の清流を見てみたいと思っていました。
     天気が良くて楽しめました。
    • by Minoru
    • 2016/03/11 6:37 PM
    綺麗な雄大な風景の数々 拝見させていただきました。
    主人が現役時代 松山に5年間 単身赴任 していました。
    四万十川の清流を懐かしく思い出しています。
    • by koyuko
    • 2016/03/12 10:28 AM
    koyuko 様
     こんにちは。単身赴任、大変ですね。、四国はいろいろ旅された事と思います。懐かしく見ていただいて嬉しいです。
    • by Minoru
    • 2016/03/12 3:53 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL