縄文土器にドキドキ、信濃川火焔街道。

2018.07.24 Tuesday

0
    新潟県、信濃川流域の信濃川火焔街道に沿って博物館への歴訪です。


    火焔街道-1.jpg



    十日町市博物館-1.jpg
    まずは十日町市博物館です。


    火焔型土器No.1-1.jpg
    国宝、火焔型土器のNo,1です。


    火焔型土器No.14-1.jpg
    これも国宝、一挙に57点が国宝に指定されました。


    馬高縄文館-1.jpg
    次に向かったのが馬高縄文館です。

    馬高-1.jpg
    ここで初めて火焔土器が発見されました。


    馬高博物館-1.jpg
    もちろん、撮影はオーケーです。


    火焔土器-1.jpg
    これだけが火焔土器という名前で呼ばれます。

    火焔型土器 馬高-1.jpg
    他は全て火焔型土器です。


    火焔型土器、浅鉢 馬高-1.jpg
    これも火焔型土器です。


    王冠型土器、馬高。-1.jpg
    これは王冠型土器です。


    ミス馬高-1.jpg
    土偶の「ミス馬高」です。


    新潟県立歴史博物館-1.jpg
    新潟県立歴史博物館へも行きました。


    三条市下田資料館-1.jpg
    最後はここへ、入場無料、エアコンなしでした。

    三条市下田郷資料館、火焔型土器と王冠型土器-1.jpg
    火焔型土器と王冠型土器のツーショットです。


    岡本太郎-1.jpg
    縄文土器の美しさを初めて発見したのが岡本太郎氏でした。

    「機能的なものが美しい」という観念が支配していた以前は、
    弥生時代の土器の方が進歩的だとされていました。
    今や日本を代表するもののNo.1は縄文土器です。
    No.2、No.3が無くてそのあとに来るのが浮世絵や源氏物語です。

    この火焔型土器の発想の豊かさ、5000年位前に作られたこの逞しさは、世界に冠たる
    日本の芸術品です。

    残念ながら岡本太郎氏の「太陽の塔」にはさまざまな批判があります。

    芸術性が無い。

    筒形土偶-1.jpg
    「初めての土偶」より、
    筒形土偶の影響が強すぎる。


    ハート型土偶-1.jpg
    「初めての土偶」より、
    模倣の息を出ていないなどです。

    火焔型土器、No.6-1.jpg
    これは国立博物館に展示している火焔型土器No.6(十日町市博物館所蔵)です。
    「縄文1万年の美の鼓動」より、

    国立博物館では写真撮影も許されず、権威主義的な展示の仕方にがっかりでした。




     
    コメント
    こんにちは。

    こういう形の土器はみんな火焔土器と言うのかと思ったら、火焔土器は一つだけなのですね。
    ほかのものは火焔型土器ですか。
    勉強になりました!
    素敵ですが、なぜこういう形にしたのか、とても不思議ですね。
    • by 
    • 2018/07/24 4:02 PM
    Minoruさん こんばんは〜☆彡
    縄文土器ですか
    テレビでしか知らない世界です
    岡本太郎さんと言えば太陽の塔しか知りませんでしたが
    縄文土器の美しさを発見された方でもあるのですね
    おはようございます^-^
    古代なのにこのデザインは斬新できれいですね!
    筒形土偶、太陽の塔の顔に似てますね♪
    わぁ〜〜〜 ドキドキ ドキドキ
    誇らしい縄文土器の数々を眺めながら胸が締め付けられるようです〜
    日本人の感性って素晴らしいですね
    新潟にこのような博物館があったとは!
    複雑で繊細な形に感激します
    岡本太郎さんはここから心を爆発させたのかしら・・・
    メラメラと燃え立つほどの迫力を感じます
    火焔土器というのは一つしかないんですか!
    ほかは火焔型なんですね
    写真撮影OK 権威主義とはかけ離れた博物館
    多くの人に感動を与えてくれる そうであってほしいです。
    こんにちは すごい土器がいろいろ並んでいますね。
    土器のことはよくわからないけど、
    わからないまま芸術を見て鑑賞した気持ちに
    なりました。
    • by sumomo
    • 2018/07/25 12:06 PM
    こんにちは
    縄文時代の火炎土器
    初めて目にしました
    新潟、長岡など 信濃川一帯で発見されたのが多いとか・・
    認識新たにしました
    どきどきする気持ち伝わってきました〜
    静様
     こんばんは。ありがとうございます。火焔型土器には使用してすすが着いて黒くなったものもあります。実用にも使っていたので、何でこういう形になったのか不明です。
     迫力があるのだけは確かです。
    • by Minoru
    • 2018/07/25 9:30 PM
     reihana 様
     こんばんは。ありがとうございます。古代の歴史、分からないことが多いので、そこにはロマンがあります。
    • by Minoru
    • 2018/07/25 9:32 PM
     あとほ様
     こんばんは。ありがとうございます。岡本太郎氏は縄文土器に大きく影響されました。彼は美の再発見者でもあります。
    • by Minoru
    • 2018/07/25 9:33 PM
     とんちゃん様
     こんばんは。ありがとうございます。ドキドキして呉れる人が有ってとても幸せです。
     この圧倒的な存在感、独創性、言葉が有りません。
     しかも製作者は女性だとされています。素晴らしい事ですね。
    • by Minoru
    • 2018/07/25 9:36 PM
     sumomo 様
     こんばんは。ありがとうございます。何か感じていただければうれしいです。
    • by Minoru
    • 2018/07/25 9:37 PM
     とりこ様
     こんばんは。ありがとうございます。 国立博物館で展示されている「縄文1万年の美の鼓動」は土偶が多いです。土偶も素晴らしいですが私はこの火焔型土器が好きです。
    • by Minoru
    • 2018/07/25 9:39 PM
    新潟県出身の小生3年前にこの日本遺産をすべて回りました。東北縄文が世界遺産申請をしましたが新潟も実はすごい!ここに加えてもらいたいものです。23日は埼玉県熊谷市で日本歴代最高気温41.1度の記録で驚き連続猛暑の夏で辟易としていましたが今日は過ごしやすかったです。明日は台風直撃、水不足解消にはいいですが花火大会真っ盛りの夏休みに来なくても・・と思います。西日本水害の被災地が心配ですね。
    ローリングウエスト様
     こんばんは。ありがとうございます。同じ趣味の人が見つかって嬉しいです。「縄文のビーナス」は尖り石縄文考古館ですでに見て来ました。
     上野の博物館では7月31日から展示だそうで、ここでもアレと思わされました。
     西日本の皆様は本当に大変ですね。
    • by Minoru
    • 2018/07/27 8:58 PM
    新潟県生まれのくせに十日町のあたりは行った事が無いんですよ。
    こんなに素晴らしい博物館があったとは目から鱗です。
    岡本太郎の「太陽の塔」は色々の説がありますが、私などは特に分からないです。
    • by koyuko
    • 2018/07/28 3:46 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL