東京散歩、江戸の情緒を訪ねて、 浅草界隈

2009.12.26 Saturday

0
      いよいよ年の瀬も押し迫りました。

     今回は江戸の情緒を求めて浅草界隈を歩きました。

     扇

     上段、扇子専門店。 下段、茶道のお菓子専門の店「千茶」です。

     染め

     上段、染物の店、下段、江戸切子、半纏、の専門店です。

     櫛

     上段、つげの櫛の店。下段、言問通りを越えた所にある、かりんとうの店「小桜」、右は420円のお試しセットのようなかりんとうの詰め合わせです。

     久米

     上段、久米平内堂、彼は誤って人を殺したため自分の木像を浅草寺参道に埋めることを遺言し自分の像を踏んでもらうことを願いました。その「踏みつけ」が手紙を出す「文付け」に通じることから縁結びにご利益のあると言われるようになりました。
     写真右のポストみたいなものにラブレターを入れとくと届かぬ恋心が相手に通じるようになるかも知れません。

     下段、昔、歌舞伎の「宮戸座」のあった所に建つ料亭と浅草三業の会館です。

     隅田川

     上段、隅田川とユリカモメ(通称、都鳥)
     下段、次の写真の店のそばで咲いていた、フユザクラと十月桜です。

     隅田川の桜橋を渡るとすぐ近くにあるのがこれらの店です。

     団子

     
    上段、「言問団子」の店、3個の団子とお茶で600円です。
     下段「長命寺の桜もち」の店、桜もち1個とお茶で250円です。

     この団子の店は、在原業平の
     「なにしをはば いざ事問わん都鳥 我が思う人は ありやなしや」
     にちなんでします。

     桜もちはかわをむいて食べるのが良いそうですが、川に向いて食べるのか、皮(桜の葉)をむいて食べるのかいまだ議論の分かれる所です。
     

    東京散歩、恵比寿

    2009.12.09 Wednesday

    0

        JR恵比寿駅から出発です。

       代官山の近くにあるのが旧朝倉邸です。

       朝倉邸

       大正時代の豪商の邸宅です。昨年より一般公開されるようになりました。

       崖線の上に建つこの家を見るとここが代官山と呼ばれるのが分かります。

       ここを出て少し歩くとあるのが、猿楽塚です。

       

      猿楽

       ここは6から7世紀ごろの古墳です。 この塚から「猿楽町」の名前がおこりました。

       ここからしばらく歩くと祐天寺に着きます。

       祐天寺

       

       上段、祐天寺の総門です。 上から見ると屋根が片仮名のコの字のように見えます。高麗門と呼ばれ主に城に使われますがここは徳川幕府に縁が深かったのか寺に高麗門が使われています。

       下段、左は親柱の位置と屋根の先端がずれています。 これを矢喰い門(薬医門)といいます。右、この屋根の切妻のところに、この門を支えている「天の邪鬼」がいます。
       「屋根が重いかと」と聞くと「重くない、全然平気」と答えるようにと置かれているようです。

       天の邪鬼に「○○○の女性は皆、美人かな」と聞こうと思いましたがやめておきました。

       祐天寺の駅のそばには鉄道ファン御用達のカレーの店があります

       鉄道

       入口には鉄道で実際に使われていたものが並んでいます。

       須田町、万世橋方面出口というものもありました

      東京散歩、赤坂

      2009.11.10 Tuesday

      0

          地下鉄南北線溜池山王駅のそばに山王日枝神社があります

         鳥居

         鳥居の上の部分に三角形の装飾部分があるものを山王鳥居と言います。
         この鳥居の階段を登る人はほとんどいません。 脇にエスカレーターが有ります。
         末社に稲荷神社が同居しているので朱色の稲荷鳥居を通ってもこの神社に行けます。

         日枝神社

         写真の左上がお寺の仁王門に相当する随身門です。 左下が拝殿です。
         ここには狛犬の代わりに猿が置かれています。 魔去る(まさる)というそうです。

         一木(ひとつぎ)通りには赤坂不動があります
         赤坂不動

         紀州徳川家の祈願寺です。赤坂見附付近の写真と一木通りの写真も載せました。

         

        東京散歩、まだ浅草

        2009.10.31 Saturday

        0
            浅草寺境内では恒例の菊花展の開催中です。

           菊

           近くにある暖簾専門店の「べんがら」にはこんな暖簾がさがってます。

           暖簾

            一番上は「浅草」、順にいくと、舌に矢が刺さって「下谷」、ハシゴが2本で「日本橋」、肩に駒で「駒形」、矢を炒って「入谷」、ネギが4本で「根岸」です。

           下は東京スカイツリーの定点観測、吾妻橋からの眺めです
           スカイツリー

            左が墨田区役所、右がアサヒビールの本社です。

           今日はハロウィンです。

           Trick or treat?

          東京散歩、目白

          2009.10.25 Sunday

          0
              地下鉄護国寺駅から出発です。

             護国寺

             五代将軍綱吉の母、桂昌院の発願で作られた寺です。本堂は(左上)元禄時代のものです。

             ここから目白通りに出て、しばらく歩くと、聖カテドラルに着きます。

             聖カテドラル

             丹下健三氏の設計したこのカトリック教会は空から見ると十字架の形をした窓が見えるそうです。教会の中に入り、天井を見上げると十字架の窓が見えました。

             昼食は向かいの椿山荘です。

             椿山荘

             左上の写真に聖カテドラルの鐘塔が見えます。山形有朋邸として作られたこの椿山荘はいまは藤田観光が所有しています。
             「ホタル観賞の夕べ」には何回も行きました。、滝の裏側を歩くのがスリルがあります。

             このすぐ近く和敬塾の中に旧細川公爵邸があります。

             細川邸

             細川元首相の祖父にあたる人です。 写真下は途中で見かけたトケイソウとホトトギスです。

             

            東京散歩、気象神社、高円寺

            2009.10.18 Sunday

            0
                JR高円寺駅を出てしばらく行くと、駅の名前の源となった寺、高圓寺が有ります。

               高円寺

               ここを過ぎると、すぐ近くの氷川神社境内に気象神社が有ります。

               気象神社

               絵馬が下駄の形をしていたり、テルテル坊主が絵馬のそばに懸っていたり、ユーモアにあふれた神社です。
               これは、かつて、この近くに日本陸軍の気象部があってその構内に作られていたものと言われています。
               気象予報士の試験が始まって以来、参拝する人が増えたそうです。

               ここから暫く歩くと日蓮宗の本山、妙法寺があります。

               妙法寺

               地口にある言葉、

               恐れ入谷の鬼子母神
               びっくり下谷の広徳寺
               そうで有馬の水天宮
               志やれの内のお祖師様
               
              うそを築地の御門跡

               このシャレと堀ノ内で「志やれの内」となったわけで、お祖師様とは日蓮上人を指す言葉なので堀之内にある妙法寺のことを言ってます。

               写真左上の祖師堂の方が右下の本堂より立派なのがなかなか興味ある所です。

               寺の紋は井桁に橘です。 写真左下は空想の動物、蜃(しん)です。 蜃が気を吐いて作った楼閣を蜃気楼と言うそうです。
               
               

              東京散歩、また目黒

              2009.10.03 Saturday

              0

                  今日は中秋の名月です。

                 「月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月」

                 と謳われた月も雲に隠れてほとんど見えません。

                 月

                 仕方がないので「ゆんフリー写真素材」から もってきました。

                 平安時代の人々はこの月を見て何を語りあったのでしょうか。

                 JR目黒駅から、権之助坂を下って行くと「大鳥神社」に出ます。

                 大鳥神社

                 日本武尊の魂が白鳥となって降りた所に建てられたという説がある大鳥神社、彼の東征のためか関東に沢山ありますが、関西にはほとんど無いそうです。

                 関西に多い戎様の10日戎のような行事は関東にはたぶん無いと思います。

                 神紋は鳳凰です。 JALの鶴丸のマークはこれを参考にしたという説が出るのも分かるような気がします。

                 近くの大聖院にはキリシタン灯篭があります。

                 キリシタン灯篭

                 灯篭の上の部分を笠と呼び火を入れる部分を火口(ほぐち)と呼びその下を棹と呼びますが、その棹の部分にキリストが彫ってあります。

                 近くに有った島原藩の屋敷から持ってこられたそうです。

                 林試の森を抜けると、円融寺です。

                 円融寺

                 ここの釈迦堂は都内23区では最古の建造物だそうです。

                 ここを過ぎて碑文谷八幡宮に入ると碑文谷の地名の由来となった碑文石が有ります。

                 碑文谷

                 残念ながら、その石はガラスのカヴァーがあって写真で撮っても写りませんでした。

                 この辺は落ち着いた住宅街でとても良い所ですがバスで目黒駅まで戻らなければならなかったのが辛いところでした。

                 

                 

                東京散歩、調布

                2009.09.30 Wednesday

                0

                    京王線調布駅からスタートです。

                   甲州街道を渡ると、大正寺に着きます。

                   大正寺

                   最近作られたこの門は竜宮門と言われています。

                   しばらく歩くと布多天神社です。

                   布多天神社

                   平安時代に作られた天神様と言われてますがこの社殿のカーブした屋根を唐破風、その上の三角に似た屋根を千鳥破風うと言います。

                   この立て方が確立したのは元禄のころと言われています。

                   調布の名前の由来は、租庸調の調が貢物を捧げるという意味が有りますので絹以外の布を朝廷に捧げる事を「調布」と言ったことから付けられたと考えられています。

                   朝鮮半島の渡来人が技術をもたらしたとの説もあります。

                   深大寺は東京でも有名な蕎麦の美味しい所です。 深大寺城跡に行く途中に蕎麦畑があります。

                   そば

                   下の段は上杉朝定が整備した深大寺城跡です。 右が本丸跡です。地面に直接木材を建てて作り水の無い堀の城を掻割 (かきわり)の城と言います。 掘立小屋というのはこの造りから出た言葉だそうです。

                   本堂

                   上が深大寺の山門です。左が表から右が裏から見た写真です。4本の柱の上に乗る屋根の一番高い部分が中心より少し前にある作りで、これを薬医門といいます。
                   カヤぶきのこの薬医門はとても珍しいものです。

                   下、左が本堂です。 右の建物の屋根は四方に屋根が出てくるので「方形つくり」といいます。

                   深大寺は都内で2番目に古いお寺だそうです。

                   お寺詣りして蕎麦を食べて帰るのが江戸時代からの行楽の一つだったようです。

                   

                  東京散歩、田町

                  2009.09.26 Saturday

                  0

                      JR田町駅から都心よりに第一京浜を少し歩くとこんなものが有ります

                     西郷

                     薩摩藩江戸蔵屋敷で行われた2回目の会見の場所です。 この会見には様々な歴史的評価が有りますが、下級武士出身の人たちがこのころの歴史を大きく動かしたことは紛れもない事実です。

                     駅の方へ戻り、慶応大学の前を通り、網町の三井倶楽部を通り過ぎると麻布善福寺に着きます。

                     善福寺

                     9世紀ごろに開山されたこの寺は国の天然記念物のイチョウの木があります。鐘つき堂の鐘は無人のまま機械が鳴らしてくれます。
                     お寺の後ろに「麻布ヒルズ?」と呼ばれる変わった建物があります。

                     この寺は最初のアメリカ公使館が置かれた所です。

                     ハリス

                      境内にそのl碑文があります。

                     もう少し歩くと麻布十番に出ます。
                     名前の由来は古川の工事のとき、このあたりが10番目の工区だったからという説があります。

                     きみちゃん

                     ここには野口雨情の童謡「赤い靴」のモデルとされる「きみちゃん」の像があります。(横浜の山下公園にも有ります)
                     実際は病気のため、この近くの孤児院で亡くなりました。

                     ここは地下鉄南北線と大江戸線の駅が出来てとても便利になりました。

                    東京散歩、浜松町

                    2009.09.20 Sunday

                    0

                        JR浜松町駅からスタートです。

                       JR浜松町駅に同居した世界貿易センターの展望台に上がって行き先を考えました。

                       最初は駅の隣にある下総国佐倉藩主大久保忠朝の上屋敷であった旧芝離宮恩賜庭園です。

                       芝離宮

                        下右の写真は展望台から撮りました。 ここは海に近いので池の水は海水が使われていました。

                       次は東京タワーを目指しました

                       東京タワー

                       左上の写真で左のビルが六本木ヒルズで右が東京ミッドタウンのビルです。このタワーのすぐ脇には渓谷があって「もみじ滝」と言う名の滝が有ります。(下段、右)

                       それから増上寺の大門をぬけて増上寺へと向かいました。

                       その途中にあるのが 「浅岡飯炊きの井戸」です。

                       井戸

                       

                       ここは仙台藩伊達家の支度所だった所で、伊達騒動の際、幼い嗣子の亀千代を毒殺から守るため母の浅岡の局が自らこの井戸で水を汲んで調理したそうです。
                       歌舞伎「伽羅先代萩」はこの事件をもとにしたそうです。

                       増上寺

                        増上寺の大門は昭和になって作られたコンクリート製ですが裏から見ると支え柱の上にも切妻の屋根が付いていて高麗門の典型です。オリジナルは江戸城にあった大手門だったと言われてます。

                       増上寺の隣は芝公園です。

                       古墳