日本最西端の島、与那国島。

2019.01.20 Sunday

0

    羽田空港、那覇空港、石垣空港、と乗り継いで与那国島に行って来ました。

     

     

    日本最西端の地-1.jpg

    2日目は与那国島巡りです。

     

     

    西崎灯台-1-2.jpg

    東崎灯台(あがりざき)。今回も毎日雨でした。

     

     

    立神岩-1.jpg

    立神岩です。

     

     

    立神岩アップ-1.jpg

    アップです。

     

     

    波高し-1.jpg

    波も高かったです。

     

     

    与那国馬-1.jpg

    与那国馬です。

     

     

    与那国馬-1-1.jpg

    雨に耐えてかたまっていました。

     

     

    海底探査船-1.jpg

    与那国島の海底遺跡の見学です。

     

     

    海底遺跡-1.jpg

    海底遺跡でしょうか。

     

     

    海底遺跡-1-1.jpg

    自然現象でしょうか。

     

     

    海底遺跡-1-2.jpg

    答えはまだ出てない様です。

     

     

    烏賊はこの島で見た植物です。

     

     

    ハイビスカス-1.jpg

    ハイビスカス、ローゼルの萼片がハイビスカスティーになるそうです。

    reihana 様から教えて頂きました。

     

     

    ブーゲンビリア-1-1.jpg

    ブーゲンビリア、白い部分が花、赤い部分は葉っぱです。

     

     

    サンダンカ-1.jpg

    サンダンカ。

     

     

    実は以前にも与那国島に行きました。

     

    Yonaguni island part1.

     

    Yonaguni island part 3.

     

     

    其のころは英語と日本語でブログを書いていました。

    ハンドバッグの輸入業をやっていたことが有るので英語を忘れないためでした。

     

    今は日本語のブログと英語のブログと2つ別にしました。

     

     

     

     

    ネパールの旅、最終回。

    2019.01.12 Saturday

    0

      ネパールへはタイのバンコク経由でカトマンズへ向かいました。

       

       

      カトマンズ-1.jpg

      飛行機から見たカトマンズの街です。

       

       

      エベレスト-1.jpg

      カトマンズからポカラに行く飛行機で見た山、

      多分、エベレストだと思います。

       

      カトマンズとカトマンズ郊外の散策です。

       

      ヒンズー教-1-1.jpg

      ヒンズー教の寺院。

       

       

      ヒンズー教-1.jpg

      同じく。

       

       

      仏教-1.jpg

      仏教の寺院。

       

       

      ドゥワリカ、五重塔-1.jpg

      五重塔。

      ネパールでは仏教とヒンズー教が共存しています。

       

       

      ドゥワリカ、鐘楼-1.jpg

      鐘楼。

       

       

      カトマンズ郊外の泊まったホテルです。

       

      ホテル-1-1.jpg

      広くて快適。

       

       

      ホテル-1-2.jpg

      ここのホテルは素敵でした。

       

       

      プールと街並み-1.jpg

      ホテルのプールと山の風景。

       

      ホテル-1.jpg

      最終日に泊まったホテルです。

       

       

      遊覧飛行-1.jpg

      ポカラでは小型機で遊覧飛行をしました。

       

       

      遊覧飛行-1-1.jpg

      飛行機からの景色です。

       

       

      遊覧飛行-1-2.jpg

      アンナプルナは1から4まであるのでどれもアンナプルナだろうと思います。

       

       

      遊覧飛行-1-3.jpg

       

       

       

      遊覧飛行-1-4.jpg

       

       

      遊覧飛行-1-5.jpg

       

       

      ネパールは思いの他、暖かでした。カトマンズの埃の多いのには閉口しました。

       

      ネパールで見た植物です。

       

       

      ブーゲンビリア-1.jpg

      ブーゲンビリア。

       

       

      ベニヒモノキ-1.jpg

      ベニヒモノキ。

       

       

      ネムノキ-1.jpg

      ネムノキ。

       

      ポインセチア-1-1.jpg

      ポインセチア。

       

       

      ポインセチアの花-1.jpg

      ポインセチアの花。

       

       

      ポインセチア-1-2.jpg

      これもポインセチアだそうです。

      葉っぱは互生です。

       

      ポインセチア-1.jpg

      この赤い花に見えるのが葉っぱなのでしょうか。

       

      カトマンズからポカラまたカトマンズへと9日間の旅でした。

      観光した順番は見やすいように入れ替えました。

       

      1月15日から17日まで、石垣島と与那国島まで行って来ます。

       

       

       

       

       

       

      アンナプルナの麓、ポカラ。

      2019.01.07 Monday

      0

         

        ポカラの朝日。-1.jpg

        新年あけましておめでとうございます。

         

         

         

        有明の月-1.jpg

        アンナプルナの麓、ポカラの街のサランコットの丘から朝日の昇るのを

        見に行きました。

        朝6時過ぎ、下弦の月と金星が見えました。

         

         

        日の出前-1.jpg

        日の出前のマチャプチャレ、ネパールのマッターホルンと呼ばれています。

         

         

        日の出前-1-2.jpg

        これも日の出前の写真です。

         

         

        日の出-1.jpg

        日の出です。

         

         

        朝焼け-1.jpg

        別名、Fishtail です。魚の尻尾が逆さになっているように見える場所が有るそうです。

         

         

        朝焼け-1-1.jpg

        ポカラの街も見えました。

         

         

        ホテルの庭から-1.jpg

        ホテルの庭から映像です。

         

        まだ続きます。

         

         

        多摩森林科学園の植物、その他。

        2018.12.30 Sunday

        0
          森林科学園の続きです。


          ユウゲショウ-1.jpg
          ユウゲショウ(南アメリカ原産)。


          ゴンズイ-1.jpg
          ゴンズイ、木質部が役にたたないので、
          あまり役に立たない魚、ゴンズイの名前を付けたと言われています。


          メキリマメ-1.jpg
          トキリマメ(オオタンキリマメ)。


          ヤブコウジ-1.jpg
          ヤブコウジ(十両)。


          セイヨウヒイラギ、モチノキ科 互生-1.jpg
          西洋ヒイラギ(クスノキ科)葉っぱは互生。
          ヒイラギはモクセイ科、葉っぱは対生です。


          ビラカンサ、トキワサンザシ-1.jpg
          ピラカンサ(トキワサンザシ)。


          モクレイシ 雌-1.jpg
          モクレイシ、雌株。
          ツルレイシに似て実が割れて見えるので。


          モクレイシ 雄-1.jpg
          モクレイシ、雄株。


          アラカシ-1.jpg
          アラカシ、鋸歯が半分だけ着いています。
          アカガシは鋸歯が無く、シラカシは鋸歯が葉っぱ全体に着きます。


          ハンカチノキ-1.jpg
          ハンカチの木の実。


          八王子-1.jpg
          森林科学園から見える八王子の風景です。

          ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^12月23日はクリスマスディナーショーを見て来ました。


          シンフオニー-1.jpg
          日の出ふ頭からシンフオニーに乗って。


          フルコース-1.jpg
          フルコース料理の始まりです。


          ソプラノ-1.jpg
          クリスマスソングの数々を聞いて。


          レインボウブリッジ-1.jpg
          レイボーブリッジを超えて。


          レインボウブリッジ-1-1.jpg
          日の出ふ頭に戻りました。

          今年のブログは今回が最終回です。
          ご訪問頂きありがとうございました。

          最後に歌を一つプレゼントします。

          Silver threads among the gold.

          年老いた夫(妻)が配偶者に白髪が生えてきたけれど
          いつまでも仲良く生きて行こうねという歌です。



          12月30日より1月7日までエベレストを見にネパールに行って来ます。

          皆様良いお年をお迎えください。




           

          鬼女蘭との出会い、多摩森林科学園。

          2018.12.26 Wednesday

          0

            森林植物園で鬼女と出会って来ました。

             

             

            キジョラン-1-2.jpg

            鬼女蘭(キョウチクトウ科)です。

             

             

            キジョラン-1-1.jpg

            鬼女蘭の種子です。

             

             

            キジョラン-1.jpg

            種を顔に譬え、綿毛を白髪と見て鬼女蘭と名づけられました。

            この綿毛は種髪です。

             

             

            キジョラン、トレンチング-1.jpg

            キジョランの葉っぱ、

            アサギマダラの幼虫が葉っぱを丸くくり抜いています。

            これをトレンチングと言います。

             

            アサギマダラトキジョラン-1.jpg

            キジョランの葉っぱには毒が有るのでトレンチングをして毒を

            葉っぱから出させて、その後それをに食べます。

             

             

            キジョランの葉-1.jpg

            2000kmも渡りをするアサギマダラのなんと賢いのでしょうか。

            ある程度成長すると、毒に対する耐性が出来るのでトレンチングは不要になります。

             

             

            アサギマダラ-1.jpg

            そういう思いでこの幼虫をみると、

            愛おしくなります。

             

            話は変わって、

             

             

            マツカゼソウ-1.jpg

            マツカゼソウ(ミカン科)です。

             

             

            油点-1.jpg

            葉っぱを透かしてみると油点があります。

            ミカン科の特徴です。葉にたいする食害からの防御、

            植物同士の対話、この油点の役割には色々な意味が有ります。

             

             

            テイカカズラ-1.jpg

            テイカカズラの種髪です。

             

            冠毛、種髪、トレンチング、生命の驚異です。

             

            Mother nature is truely wonderful!

             

             

             

             

             

            鋸山と、をくずれ水仙郷、最終回。

            2018.12.24 Monday

            0
              水仙郷歩きの後半です。


              シロバナタンポポ-1.jpg
              シロバナタンポポ。


              ワタゲ-1.jpg
              タンポポの綿毛、萼片が変化したもので冠毛と呼ばれます。
              種の一部が変化したものは、種髪と呼びます。


              ユズ-1.jpg
              ユズ。


              ユズの葉-1.jpg
              ユズの葉っぱ、葉柄の部分に小さな葉がもう一つあるのがユズの特徴です。
              これは複葉が退化したもので翼葉と呼ばれます。


              佐久間ダム-1.jpg
              終着地の佐久間ダムです。


              佐久間ダム-1-1.jpg
              農業用水のためのダムです。


              帰りの富士-1.jpg
              帰りの海ほたるから見た富士山です。


              工場-1.jpg
              川崎近辺の工場夜景です。


              今日はクリスマスイブ、楽しい一日をお過ごし下さい。



               

              鋸山とをくずれ水仙郷、sono1.

              2018.12.20 Thursday

              0
                東京湾アクアラインを通って鋸山と、をくずれ水仙郷に行って来ました。


                海蛍-1.jpg
                海ほたるです。 Tokyo Bay Oasis.


                富士山-1.jpg
                富士山です。

                鋸山に着きました。


                百尺観音-1.jpg
                日本寺の百尺観音です。


                地獄覗き-1.jpg
                地獄のぞき、です。


                久里浜、金谷-1.jpg
                向かいが久里浜、手前が金谷、東京湾フェリーです。


                フェリー-1.jpg
                カーフェリー、いずれも、地獄のぞき、からの眺めです。

                次は、をくずれ水仙郷です。


                をくずれ水仙郷-1.jpg
                水仙が咲き誇っています。


                水仙郷-1.jpg



                水仙-1.jpg
                日を浴びてほほ笑む水仙です。

                スイセン-1.jpg
                雌しべは1本、雄しべは6本あるそうです。

                ここにはもう春が来ていました。


                菜の花-1.jpg
                菜の花。

                オオイヌノフグリ-1.jpg
                オオイヌノフグリ。


                カタバミ-1.jpg
                カタバミ。


                ホトケノザ-1.jpg
                ホトケノザの群生。

                ホトケノザ-1-1.jpg
                ホトケノザ。

                次回に続きます。


                 

                伊豆の旅、滑沢渓谷と旭滝。

                2018.12.10 Monday

                0
                  伊豆の旅は写真を撮る旅でした。

                  滑沢渓谷では、


                  滑沢渓谷-1.jpg
                  紅葉と川の流れです。


                  滑沢渓谷-1-1.jpg
                  ND1000のフィルターを使いました。


                  滑沢渓谷-1-2.jpg
                  少し上流に行った所です。


                  旭滝-1.jpg
                  旭滝です。


                  旭滝-1-1.jpg
                  これもフィルターを使いました。

                  2日目は御用邸の庭園を見学しながら夕方を待ちました。


                  御用邸 宴-1.jpg
                  沼津御用邸内の「宴」という作品です。

                  御用邸記念公園の海岸に行って、


                  達磨夕日-1.jpg
                  初日に夕日を撮りました。「達磨夕日」を撮る予定でした。


                  夕日-1.jpg
                  2日目も達磨夕日は撮れませんでした。 


                  船-1.jpg
                  漁船を撮って達磨夕日は断念しました。 英語名では Ω(オメガ)夕日とも言うそうです。
                  達磨夕日には達磨だけに手も足も出ませんでした。


                   

                  伊豆の旅、虹の郷、修善寺もみじ林。

                  2018.12.06 Thursday

                  0
                    伊豆に行って来ました。先ずは虹の郷と隣接する修善寺もみじ林です。


                    虹の里-1-3.jpg
                    虹の郷の日本庭園です。


                    虹の里-1-4.jpg
                    もみじが満開です。


                    もみじ林-1.jpg
                    もみじ林です。


                    はい、ポーズ-1.jpg
                    あたかも、いらっしゃいませ、とポーズを作っているみたいでした。


                    逆光-1.jpg
                    もみじ虹の郷に戻りました。もみじは矢張り逆光で撮ると良いですね。


                    グラデーション-1.jpg
                    グラデーションも良かったです。


                    もみじの種類-1.jpg
                    モミジの種類、なかなか見分けられませんでした。

                    虹の里-1.jpg
                    これも日が差したので慌てて撮りました。

                    虹の里-1-5.jpg
                    虹の郷の入り口はイギリス村です。


                    イギリス-1.jpg
                    まるでイギリスに来たみたいです。


                    クリスマス-1.jpg
                    もう今は至る所でクリスマスソングですね。

                    次回も伊豆の旅です。

                     

                    何処にも行かない温泉旅行。

                    2018.11.25 Sunday

                    0
                      観光地には何処にも行かない温泉旅行のツアーに参加してきました。

                      東北新幹線の盛岡駅下車で観光バスで秋田県の日景温泉へ目指します。


                      岩手山-1.jpg
                      バスの窓から見た、岩手山です。今回は3日間とも雨でした。


                      日景温泉-1.jpg
                      日景温泉に着きました。


                      初雪-1.jpg
                      翌朝は初雪が降りました。


                      ここを出発して昼食後、岩手県の湯川温泉、山人(やまど)に向かいます。

                      初雪-1-1.jpg
                      雪景色です。


                      北上川-1.jpg
                      北上川です。


                      錦秋湖-1.jpg
                      錦秋湖です。


                      山人-1-2.jpg
                      山人に到着です。


                      山人-1-1.jpg
                      山人の玄関です。


                      部屋の温泉-1.jpg
                      部屋に着いてる温泉です。


                      貸し切り風呂-1.jpg
                      貸し切りの露天風呂です。

                      たっぷりの時間を読書に費やしました。
                      飛鳥兇領垢塙腓錣擦6冊読了しました。

                      読んだ本の抜粋です。

                      「世界をこの目で」 黒木 亮のエッセイです。
                      彼の著書はほとんど読みました。「巨大投資銀行」が良かったです。

                      「ゾウの時間、ネズミの時間」 本川 達夫、
                      「ウニはすごいバッタもすごい生物学」も良かったです。

                      「虹の彼方」 小池 真理子、
                      男と女の心理描写が良かったです。