佐渡ヶ島の花々

2010.04.26 Monday

0
      佐渡ヶ島に行きました。 ミスミソウを見るのが目的でしたが色々な花々も見てきました。

     1日目はトンデン山、2日目は金剛山の近辺を歩きました。初日は雨、2日目は曇りで気温が低くなかなか綺麗に咲いている花が見つからず苦労しました。

     ミスミソウ群生
     ミスミソウ(キンポウゲ科)の群生です。

     同咲きかけ
     ミスミソウです。気温が低くて花が途中までしか開きません。

     同1
     ミスミソウです。 この花は花弁が無く花びらのように見えるのはガクです。

     同2
     ミスミソウです。 花びら状のものは6枚から10枚位と数が決まっていません。

     同3
     ミスミソウです。花びら状のものの裏にはガクのような葉が付いています。 これを茎葉と呼びます。

     同4
     ミスミソウです。 葉の先が尖っているのがミスミソウ、尖って無いのがスハマソウと区別される時もあります。

     キクザキイチゲ
     キクザキイチゲ(キンポウゲ科)葉が菊のような形をしているのでこの名が付きました。この花びら状のものもガクです。このガクの裏には茎葉はありません。

     フクジュソウ
     フクジュソウ(キンポウゲ科)この花は花弁とガクが普通についています。

     カタクリ
     カタクリ(ユリ科) ユリ科なこの花は内側の3枚が花弁、外側の3枚はガクですが同じ花びらのように見えます。葉が斑入りしていなくてとても綺麗です

     エンレイソウ
     エンレイソウ(ユリ科) ユリ科の特徴でメシベの柱頭が3つに分かれています。花びらのように見えるのはガクです。花弁はありません。この花は北大の校章になっています。

     ハイビスカスのガクは2重になってます。 ガクのことを考えると夜も寝られません。

     ナニワズ
     ナニワズ(ジンチョウゲ科)ナニワズというのは長野の方言ですが意味はわかりません。

     ニシキゴロモ
     ニシキゴロモ(シソ科)小さな花です。

     ネコノメソウ
     ネコノメソウ(ユキノシタ科)の群生です。種子が付くと猫の目に似てると言われてます。

     ナガハシスミレ
     ナガハシスミレ(スミレ科)花びらの後ろに 距 という長い蜜の入った棒状のようなものがあります。

     スミレサイシン
     スミレサイシン(スミレ科) 葉がウスバサイシンに似ているのでこの名前が付けられました。

     ショウジョウバカマ
     ショウジョウバカマ(ユリ科)猩々という中国の伝説の動物が酒が好きで赤い顔をしていたことと、ロゼット状の葉を袴に見立てて名前が付けられました。

     エゾエンゴグサ
     エゾエンゴサク(ケシ科)エンゴサクという漢方薬の名前をそのまま使いました。

     ミヤマキケマン
     ミヤマキケマン(ケシ科)の群生です。

     アラゲヒョウタンボク
     アラゲヒョウタンボク(スイカズラ科)毛が粗いヒョウタンボクという意味です。ヒョウタンボクは2つの実が合着してひょうたんのように見えることから名前が付けられました。

     雪の山道
     トンデン山も金剛山も途中で山道に雪が積もっていて途中で引き返しました。

     佐渡の草花は本土より大きく育つと言われてます。


    (写真をクリックすると大きくなります。もとに戻すには左上の左向きの矢印をクリックします。




     



     

     
     

    多摩川に沿って

    2010.04.17 Saturday

    0
        小田急線の和泉多摩川駅で降りて、昔々テレビドラマ「岸辺のアルバム」の舞台になった近辺を歩きました。

       堰
       二ヶ領宿川原堰です。 この堰が有ったため昭和49年の台風で堤防が決壊して岸辺の19戸の家がこの川に流されました。 それにヒントを得て作られたのが「岸辺のアルバム」というドラマでした。

       今はこの堰は可動の堰になっているそうです。

       この辺の川原は多くの種類の雑草が生えています。

       ナズナ
       ナズナ(アブラナ科)でう。 果実の形が三味線のバチに似ているのでペンペングサとも呼ばれています。

       オニグルミ
       オニグルミ(クルミ科)の雄花です。 クルミの実は川に落ちると、その流れで遠くまで運ばれます。

       ヘラオオバコ
       ヘラオオバコ(オオバコ科)の花です。 オオバコは踏まれても丈夫に育ちますがこの外来種のヘラオオバコは踏まれる事には弱いです。

       ヤエムグラ
       ヤエムグラ(アカネ科) 万葉集に出てくるヤエムグラはカナムグラ(アサ科)だと言われてます。

       カラスノエンドウ
       カラスノエンドウ(マメ科) 実の入ったサヤが黒くなるので「カラスノ」という名前が付きました。

       シダレヤナギ
       シダレヤナギ(ヤナギ科)の雄花、中国ではこの枝を矢にしたので「矢の木」が訛ったという説もあります。

       スズメノカタビラ
       スズメノカタビラ(イネ科) スズメとは小さいという意味、カタビラは単衣の着物のことです。

       オオオナモミ
       オオオナモミ(キク科) ひっつき虫の代表選手です。 子供のころ、よく服に付けて遊びました。

       多摩川の向こうは川崎市、こちらは狛江市(こまえし)と世田谷区の境目です。
       

      「野川」に沿って

      2010.04.13 Tuesday

      0
          国分寺に源を発して多摩川に合流する川、「野川」に沿って歩きました。

         野川 行き
         ヤエベニシダレが満開です。 ここは大岡昇平の小説「武蔵野夫人」の舞台だそうです。

         川沿いの色々な所に様々な花が咲いていました。


         サクラソウ
         サクラソウ(サクラソウ科)です。

         フデリンドウ
         フデリンドウ(リンドウ科)です。

         オドリコソウ
         オドリコソウ(シソ科) 将に踊り子の様に見えます。

         イチリンソウ
         イチリンソウ(キンポウゲ科) 花びらの裏の淡いピンクが綺麗です。

         ニリンソウ
         ニリンソウ(キンポウゲ科) イチリンソウよりかなり小さな花です。

         シキミ
         シキミ(シキミ科) 悪しき実 が訛ったと言われてます。

         シロヤマブキ
         シロヤマブキ(バラ科) ヤマブキは花びらが5弁、この花はそれが4弁です。(ゴベンネ)

         スギ
         スギ(スギ科)の芽生えです。

         イカリソウ
         イカリソウ(メギ科)花びらの後ろにある 「距」 が出っ張って独特の形になります。

         レンゲソウ
         レンゲソウ(マメ科)です。

         ジュウニヒトエ
         ジュウニヒトエ(シソ科、十二単)です。

         ヒトリシズカ
         ヒトリシズカ(センリョウ科) 静御前 が一人で舞う姿と言われてます。

         キランソウ
         キランソウ(シソ科) 別名、地獄の釜のふた と言われます。

         アケビ
         アケビ(アケビ科)です。

         ホタルカズラ
         ホタルカズラ(ムラサキ科)です。

         ウコン
         ウコン(バラ科) うす緑の花びらのサトザクラです。

         イヌザクラ
         イヌザクラ(バラ科) 木の上の方にはもう花序が準備されています。

         「虹の向こうに出かけよう、今が 通り過ぎて行く前に」 というキャッチコピーが有りますが、「今が」ドンドン通り過ぎて行くようです。

         野川帰り
         「野川」の帰り道です。 大きなオオシマザクラが印象的でした。

         


         

        奄美大島の花々

        2010.04.08 Thursday

        0
           「いもーれあまみ」という歓迎の言葉に迎えられて奄美大島で2泊3日の自然観察の旅をしました。

           奄美の自然の美しさを堪能しました。

           アマミエビネ
           アマミエビネ(ラン科)

           フジノカンアオイ
           フジノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

           ヒロハタマミズキ
           ヒロハタマミズキ(モチノキ科)

           アマミセイシカ
           アマミセイシカ(ラン科)

           ホザキザクラ
           ホザキザクラ(サクラソウ科)

           モダマ
           モダマ(マメ科)

           イルカンダ
           イルカンダ(マメ科)

           アカボシタツナミソウ
           アカボシタツナミソウ(シソ科)

           ナンゴクネジバナ
           ナンゴクネジバナ(ラン科)

           トキワカモメズル
           トキワカモメヅル(ガガイモ科)

           ユウコクラン
           ユウコクラン(ラン科)

           ヒナギキョウ
           ヒナギキョウ(キキョウ科)

           シロバナミヤコグサ
           シロバナミヤコグサ(マメ科)

           サキシマスオウ
           サキシマスオウノキ(アオギリ科)

           ミヤコグサ
           ミヤコグサ(マメ科)

           rリュウキュウシロスミレ
           リュウキュウシロスミレ(スミレ科)

           鉄砲百合
           テッポウユリ(ユリ科)の群生

           いっぺんで南西諸島のファンになりました。

           

          国上山(新潟県)

          2010.03.24 Wednesday

          0
              ミスミソウ(キンポウゲ科)の自生地を求めて国上山に行きました。

             北陸道の三条.燕インターから約40分で登山口です。

             ミスミソウ大

             咲いていたのは極わかずでした

             ミスミソウ小
            蕾は沢山ありました。

             オウレン(黄連)”キンポウゲ科”が群生していました。

             オウレン

             コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)「越の寒葵」です。

             コシノカンアオイ1

             花のアップです。

             コシノカンアオイ2

             関東で見るカンアオイより葉も花も大きめです。花の直径が5センチくらいです。
             花の壺の様になった部分も大きいので蠅の仲間が花粉を媒介するのかも知れません

             国上山の登山口には国上寺があります。
             国上山入口

             右下は良寛さんの銅像です。 ここは良寛さんの縁の地だそうです。

             国上山山頂

             上段左、山頂から見る寺泊港です。 右、正面が多宝山、その右は弥彦山です。
             下段左、寺泊のアメ横と言われる魚の小売店です。 右、越後湯沢付近、まだ雪が沢山有りました。

             オウレンの広範囲の群生はとても見事でしたがミスミソウがまだほとんど咲いていなかったのが残念です。
             

            見沼自然公園

            2010.03.21 Sunday

            0

                JR浦和駅からバスに乗ってこの公園に着きました。

               シナノミザクラ

                シナノミザクラ(支那の実桜?) が咲いていました。

               ハナモモ

               ハナモモも満開です。

               ゲンペイ

               1本の幹から白と赤の花が咲くゲンペイモモ、キメラとも言います。

               カモ

               上段、オナガガモ、下段、コガモです。

               特に変わった花は咲いていませんが、のんびりした時間が流れていました。

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               最近のニュースから

               モーツアルト効果

               モーツアルトの「2台のピアノのためのソナタK448] を聴くと頭が良くなるという研究成果が1993年に発表されてから、乳牛に聴かせたり野菜に聴かせたりすることがありますが、イスラエルの病院では未熟児にモーツアルトを聴かせて効果が上がっているという記事が出ていました。
               http://ibnlive.in.com/news/mozarts-music-helps-premature-babies-gain-weight/108275-17.html


               Face book  GOOGLE を抜く
               フェイスブックへのアクセス数がグーグルへのアクセス数を抜いたそうです。
               http://www.ft.com/cms/s/2/67e89ae8-30f7-11df-b057-00144feabdc0.html

               100万番目の英語は  Web. 2.0
               
                少し古い記事ですが 100万番目の英語が Web. 2.0 に決まりました。
               
              http://news.bbc.co.uk/2/hi/8092549.stm

               私の知っている英単語は英語全体の1000分の1程度らしいです。
               

              またまた六義園

              2010.03.01 Monday

              0
                  春を探して今日も六義園です。

                 サンシュ(ミズキ科)がようやく咲きました。

                 サンシュ

                 
                 滝

                 上段「滝見茶屋」からの写真です。小さく見える滝もアップするとまるで本物のようです。
                 下段、ユズリハ(ユズリハ科)葉柄が赤くて可愛いです

                 ヒメユズリハ

                 上段、ヒメユズリハです。 ユズリハより小さくて花序が上を向きます。
                 下段、ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科)が綺麗に咲いていました。

                 ツツジ

                 上段ツツジの芽吹きです。左はツツジの種類は分かりません右はドウダンツツジです。
                 下段、ピンクのアセビ(ツツジ科)が咲いていました。

                 カモ

                 マガモの番いとキンクロハジロが相変わらずいます。 左上餌をナイスキャッチしてます。 左下、寒そうなキジバトです。

                河津の河津桜

                2010.02.24 Wednesday

                0

                    河津に行って本場の桜を見てきました。

                   河津桜

                   寒緋桜とオオシマザクラの雑種のようです。 この桜は河津で見つけられた1本の原木から挿し木で増やされていったクローン桜です。

                   アップ

                   花びらの色が徐々に濃いピンクから薄いピンクへとグラデーションになっているのが特徴です。
                   また花びらの回りに多くの蕾を付けているのでかなり長い間、花を見ることが出来ます。

                   昔、河津城があった河津の城山に登りました。

                   城山

                   上段、城山へ行く道です。
                   下段、城山の頂上から見た河津川沿いの桜並木です。

                   ヒメオドリコソウ

                   途中に咲いていた花です。
                   上段左、ヒメオドリコソウ(シソ科)、右、クサイチゴ(バラ科)です。
                   下段左、カンアオイ(ウマノスズクサ科)、右、コハコベ(ナデシコ科)です。

                   カンアオイの花は地面に咲きキノコバエなどが花粉の媒介をすると言われてます。
                   コハコベ、ミドリハコベを「はこべら」と言い春の七草の内の一つになります。

                   河津桜2

                    城山の頂上に咲いていた河津桜の大木です。

                   河津と言えばもう一つ有名なものに相撲の決まり手の一つ河津掛けがあります。
                   昔々、河津三郎という人があみ出した技だそうです。

                   河津川沿いの桜並木が霞んでいてよく見えなかったのが少し残念な気がしました。

                  雪の浜離宮

                  2010.02.18 Thursday

                  0

                      以前、浜離宮のボランティアの人から雪の日のこの庭園はとても素敵だと聞いていたので、今日がチャンスと出かけてきました。

                     雪の浜離宮

                     この庭園は海につながっているためか思いの他、雪が少なかったです。

                     菜の花

                     咲きかけた菜の花も雪化粧です。

                     思いのまま1

                     1本の木から紅白に咲く(淡紅色や絞りも入れて4種に咲くとも言われています。) 思いのままが2輪咲いていました。

                     思いのまま2

                     思いのまま3

                     とかく思いのままにならぬ人生ですが、この梅は自由に思いのまま咲いていました。

                     

                    マガモ

                    2010.02.15 Monday

                    0

                        マガモが六義園の池に来ていると聞いたの真顔で見てきました。

                       マガモ

                       マガモが仲睦まじく泳いでいました。 下段は、ムクドリとヒヨドリです

                       キンクロハジロ

                       キンクロハジロと紅梅、白梅です。

                       ボケ

                        上段、ボケの花と下段、もうすぐ咲きそうなアセビです

                       一両

                       上段、一両と百両ですが一両(蟻通し)の実は落ちていました。
                       下段、千両、と万両です。

                       これで千両、万両、有りどおしになりました。

                       松

                       上段、三葉の松として知られるリキダマツです。
                       下段、屋根が凸状になっている、むくり屋根の門、この庭園を入ると枝垂桜の前にあります。

                       この屋根は桂離宮にも取り入れられている貴族趣味の門とも言われます。

                       マガモを見ながらこの庭園を一回りしました。