TASUMANIA the second blog

2011.02.21 Monday

0
     

    ハリネズミ-1.jpg
     ハリモグラとウォンバットです。

     A Tachyglossus(Echinda)   and a Wom bat.



    チーツリー群生-1.jpg
    ティーツリーです。 どこにでも咲いています。

     Tea trees are in full bloom  everwhere in this area.



    ティーツリー-1.jpg
     ズームアップです。

     Zooming up of a Tea tree.


    アイリス-1.jpg
     ホワイトフラッグアイリスです。

     White flag Iris.



    everlasting-1.jpg
     エバーラスティングです。   Everlasting.


    ボタングラス-1.jpg
     ボタングラスです。  Button grass.


    リンドウ-1.jpg
     Just inspecting the nameof this flower.


    ピンクの花-1.jpg
     just inspecting the name of this flower.

     次回はメルボルンのグレートオーシャンロードです。

     The next blog will be about The Great Ocean Road. 

    TASMANIA

    2011.02.21 Monday

    0
         オースタラリアのトレッキングツアーに参加しました。 最初の目的地、タスマニアに三泊しました。参加したのは私を含めて6人です。

       I attended a Australia trekking group tour. The first deatination wasTasumania. We stayed 3 days in Tasumania. There were 6 guests ,one tour conducter and one Australian Japanese guide.

      ロッジ-1.jpg
        このクレイドル マウンテン ロッジに泊まりました。

       We stayed this Cradle Mountain Lodge 3 days.


      ダブ湖-1.jpg
       ダブ湖です。 遥か遠くにクレイドルナウンテインが見えます。 朝9時ごろまでは湖面が鏡の様でこの山が湖面に写ります。

        This is Dove lake. You can see Cradle Mountain far away.  Untill around 9 AM,the lake looks like a mirror. You can see the upside down Cradle mountain at the surface of the lake.



      クレイドル山脈-1.jpg
       これが クレイドルマウンテンです。(1617m)

       this is the Cradle mountain which is 1617m high.



      クレイドル山脈-2.jpg 
      高地からの眺めです。

        From a highland you can this scenery.



      クレイドル山脈-3.jpg
       異なった方向から見たクレイドルマウンテンです。

       The Cradle Mountain from the other direction.


      バーンブラフ-1.jpg
       これはバーンブラフという山です。 モニュメントバレーではありません。

       This is the Barn Bluff,not the Monument Valley.



      ユーカリ-1.jpg
        夕方のユーカリの見える風景です。

       This is the evening landscape, ther are many eucalypus trees.


      ワラビが逃げる-1.jpg
       ワラビーを見つけました。

       I found a Wallaby.

       

       To be cntinued

       
















      熊野本宮大社

      2011.01.03 Monday

      0
          この年末年始は温泉で過ごそうと計画を立てました。

          まだ行ったことは無くて混んで無さそうな所と思ってツアーを探しました。

        富士山-1.jpg
         去年の大晦日に新幹線の中から見た富士山です。

         結局、熊野大社に行くツアーで南部(みなべ)という駅に近い温泉の有るホテルに2泊する所に決めました。

        島-1.jpg
         ホテルの部屋から眺める海の景色です。 光のあたり方でこんなに景色が違って見えるのかと改めて認識しました。

         南部は全国一の梅の産地だそうです。 高田さんという人が果実の大きい梅を高田梅と名付け、南部高校の教諭が最高品種の梅を選ぶのに努力をされたという事で高田と南高(南部高校)の二つの名前を入れて「南高梅」という梅の品種が生まれたそうです。

         元旦は熊野大社に行きました。

        熊野本宮1.jpg
          上段左が神門です。 右は第一と第二を合わせた相殿です。
          下段左は、三殿です。 右は四殿です。


                   広い道-1.jpg
           熊野古道は5つあり、そのうちの4つが世界遺産です。



                 広い道-2.jpg
         私たちは和歌山駅に近い田辺という所から出る中辺路(なかへじ)という道に沿った通りをバスで行きました。


             熊野古道-1.jpg
           途中で実際の熊野古道を少しだけ案内してもらいましたが上のような道です。


        立て札-1.jpg
         迷わずに行くのが大変な様で上の様な立て札が有りました。

         熊野古道と熊野本宮大社のことがようやくおぼろげながら分かって来ました。 お正月に西日本で晴れたのは紀伊半島だけの様でした。 これは誰の御蔭だったのでしょうか。

        銀水荘のエグゼクティブフロア

        2010.12.19 Sunday

        0
           伊豆は「東も西も銀水荘」のCMでおなじみのこのホテルの最上階に特別室3部屋がリニューアルオープンしましたので早速行って来ました。

          銀水壮-1.jpg
           今回は電車で行きました。伊豆稲取駅から送迎車で到着です。

          1 アロエ.jpg
           ホテルの周りはアロエが満開でした。


          大島-1.jpg
           左が伊豆大島、右が水仙で有名な爪木崎付近です。

          風呂-1.jpg
           源泉かけ流しの部屋にある露天風呂です。(源泉が高温なので加水してあります。) 風呂を出て相模湾を見ながらまずビールです。

           部屋はこのほかにツインべットの寝室、和室、ダイニングルームも有りました。

          料理-1.jpg
           夕食はダイニングルームの椅子席での部屋食です。
           伊勢海老や金目鯛の刺身や生きアワビのステーキなどが出ました。

           畳も新しくて良かったです。 「OOも新しければ、、、」 なんていうことは全然考えませんでした。

          紅葉の箱根

          2010.11.26 Friday

          0
             紅葉を求めて箱根に行きました。 ネットで見ごろの場所を検索しての一泊二日の旅でした。

            堂ヶ島渓谷-1.jpg
             木賀にある堂が島渓谷に到着です。 全山紅葉でとても見事でした。


            堂ヶ島渓谷-2.jpg
             芦ノ湖を水源とする早川です。堂が島渓谷は別名、早川渓谷とも呼ばれてます。

            堂ヶ島渓谷-3.jpg
             岩を伝わって川の中から撮りました。

            堂ヶ島渓谷-4.jpg
             この岩から戻る時、不覚にも足を滑らして下半身びしょぬれになりました。

             次に行ったのは強羅公園です。

            強羅公園-2.jpg
             紅葉は美しいですが少し狭くてなかなかシャッターポイントが見つかりませんでした。


             翌日は大涌谷に行きましたが紅葉ははるか彼方に見えるだけでした。

             次に向かったのは仙石原の長安寺です。

            長安寺-1.jpg
             本堂です。 「東国花の寺百ヶ寺と書いて有ります。

            鐘つき堂-1.jpg
             鐘楼です。

            鐘つき堂-2.jpg
             イロハモミジが綺麗でした。

            長安寺の紅葉-1.jpg
             まるで京都に行ったようだと相棒が言っていました。

            アフリカ南部の旅

            2010.10.11 Monday

            0
                成田から香港、ヨハネスブルクを経由して一気にビクトリアフォールス空港(ジンバブエ)へ行きました。

               ホテルに寄ってから滝の見学です。
              ビクトリアの滝-2.jpg
               これはヘリコプターの上から見たものです。 滝の上がザンベジ川です。ザンビアから流れてきます。


              ビクトリアの滝-1.jpg
               1855年にリビングストーンが西洋人として初めてここに来て時の女王の名前、ビクトリアがこの滝に付けられました。

               南アフリカ共和国(南ア)に戻って、首都プレトリアの美しいジャカランダ(ノウゼンカズラ科)の並木を見ました。

              ジャカランダ大-1.jpg
               この木はブラジル原産だそうです。


                                 ジャカランダ小-1.jpg
                         落ちていた花のアップです。


               それからクルーガー国立公園でのサファリです。

              象のラブシーン-1.jpg
               象のラブシーンが見られました。


              キリンの親子-1.jpg
               キリンの出産直後です。 まだ立てないベイビーが親のキリンの前足の前に見えます。


              ライオン-1.jpg
               右上のSilent Hunter の豹はめったに見られないそうです。
               左下は水牛です。 これらに象を入れて BIG FIVE と言うそうです。


               続いてケープタウンのテーブルマウンテンにケーブルカーで登りました。

              テーブルマウンテン-1.jpg
               

              ケープタウンの夜景-1.jpg
               ケープタウンの夜景です。 南アでの最初に出来た町です。

               近くの植物園に行きました。

              キング オブ プロティア-1.jpg
               プロティアの王様、キングプロティア(ヤマモガラ科)です。

              ゴクラクチョウ-1.jpg
               極楽鳥花(バショウ科)です。


              ゴクラクチョウ-2.jpg
                 極楽鳥花のアップです。


              喜望峰-1.jpg
               喜望峰です。西洋人としてバーソロミュー.デアスが1488年に初めて通りました。

                                ind and me-1.jpg
                 ケープタウンに来る途中のブライデーリバー峡谷です。 世界三大峡谷の一つです。

                 ガイドの LINDA にモテテ、モテテ???
               

              諏訪大社とその近辺の旅

              2010.09.27 Monday

              0
                  諏訪湖の小宮の御柱祭の体験とその近辺の探検です。

                諏訪湖-1.jpg
                 諏訪湖です。

                 御柱祭は寅の年と申の年に行われる7年目ごとの天下の大祭です。 諏訪大社のお祭りは春に終わりましたが、諏訪地方にある全ての小宮の祭りが、そのあと続いて行われます。

                 手長神社-1.jpg
                 手長神社です。 右の写真の石段の中央が黒くなっているのは御柱を曳くのに都合よくするためアスファルトがひいてあります。

                 今回は某NPOの世話人の方がこの神社の氏子ですので、御柱曳きに参加させてもらいました。

                諏訪護国神社-1.jpg
                 高島城の本丸にある諏訪護国神社です。 諏訪にある神社は全て前側に2本、後ろ側に2本の御柱を建てています。

                御柱-1.png
                 手長神社の御柱を曳いているところです。 私もこの後、少しだけ大きな綱を曳かせてもらいました。


                                 自分-1.jpg
                 御柱祭に参加したことの証拠写真です。 首に巻いている細い綱で本体の太い綱を曳きます。

                諏訪大社-1.jpg
                 諏訪大社です。 この大社は神社が4つ有ります。
                 上段左、上社前宮です。右、上社本宮です。
                 下段左、下社春宮です。 右下社、秋宮です。

                ツリフネソウ-1.jpg
                 大社前宮の湧水の出る近辺に釣り船草が群生していました。

                  このほか八ヶ岳山麓にある縄文文化の遺跡のある所に建てられた「尖石縄文考古館」にも行きました。

                縄文のビーナス-1.jpg
                 上段左、「縄文のビーナス」です。これは国宝です。 右、「仮面のビーナス」です。
                 下段は二つの深鉢です。

                 これらは茅野市米沢の棚畑遺跡から出土したそうです。 手の込んだこれらの作品は縄文時代の人々が経済的にも精神的にもとても豊かであったことを物語ってます。

                 この世界最古の土器の美しさを最初に多くの人にうったえたのは故岡本太郎氏だそうです。

                 このほかにもS.T様のご推薦の高島城にも足をのばしました。

                高島城-1.jpg
                 諏訪の浮嶋とも呼ばれるこの城は主にこの土地の豪族、諏訪氏の城です。 この天主閣は昭和になって再建されました。

                隅櫓-1.jpg
                 左、角櫓(すみやぐら)です。隅櫓と書く方が多いです。 右、本丸に入る「冠木門」です。 現在は渡櫓門の様になってますが往時の門の形は分かっていません。

                 往時は諏訪湖に浮かぶ城だったのですが、1830年ごろ、諏訪湖からの水が天竜川に流れていたその流れ口の灌漑工事をして、そこにあった島を取り除いてしまったので諏訪湖の水位が下がり、この城は平城になってしまいました。

                 それで多くの洪水の被害もほとんど無くなったそうです。


                 家紋-1.jpg
                 上段左、諏訪大社の神紋です。 右、諏訪氏の家紋です(梶葉紋)。
                 下段、これらの紋に使われた梶の木です。 諏訪氏と諏訪大社に強い繋がりが有ったようです。

                 二日目の朝は快晴だったのですが高島城に行く時は雨がぽつりぽつりと降ってきました。

                       やはり現代三大不如意「女心、山の天気、秋の空」には敵いませんでした。

                箱根 ハイアットリージェンシー

                2010.09.04 Saturday

                0
                    妻の誕生日のお祝いのため、箱根に行ってハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパに一泊してきました。

                   首都高速の山手トンネルが開通したおかげで、我が家から箱根まで2時間半で行けるようになりました。

                    最初は箱根湿性花園で花の観察です。

                   シラヒゲソウ-1.jpg
                   上段左、シラヒゲソウ(ユキノシタ科) 右、ナツエビネ(ラン科)です。
                   下段左、 アシタカジャコウソウ(愛鷹嚢香草)シソ科、右、ゴマナ(キク科)です。

                  タムラソウ-1.jpg
                   上段左、タムラソウ(キク科)です。 右、ハマナスの実(バラ科)です。
                   下段、ミソハギ(ミソハギ科)の群生とそのアップです。

                   ここに来ても暑いので久方ぶりに、駒ケ岳へロープウエイで登りました。

                  ロープウエイ2-1.jpg
                   下段左は、元箱根付近、右は箱根神社の元宮です。 流石にここでは秋風を感じることが出来ました。

                  ホテル-1.jpg
                   ホテルに着いてマウントビュウの部屋に入ると明神ヶ岳の「大」という字が見えました。これは強羅夏祭りの時に送り火をするのだそうです。 
                   夜10時過ぎに山の端から下弦の月が登り始めました。
                   夕食は寿司懐石を食べデザートはラウンジでとりました。 ホテルに前もって注文しておいたフルーツタルトであらためて妻の誕生日を祝いました。
                   
                   自宅に帰ったら兄から薔薇の花が届きました。 妻の誕生日にあわせて旅行に行ったのは初めてでした。

                  上高地帝国ホテル

                  2010.08.21 Saturday

                  0
                      憧れの上高地帝国ホテルに二泊しました。

                    上高地帝国ホテル-1.jpg

                     憧れとは実現するたびに一つ一つ消えていくものでしょうか。

                     まず大正池の散策です。

                    大正池-1.jpg

                    上段左は大正池の手前にある田代池です。右は大正池です。

                    下段左、焼岳です。この山が大正4年に大噴火して梓川をせき止めてこの池が出来ました。 右、大正池と焼岳を入れて撮りました。

                    明神と河童-1.jpg

                     左、明神岳(標高2931m)です。 右、河童橋と奥穂高岳(標高3190m)です。 奥穂高岳は北岳に次いで日本で3番目に高い山です。

                    明神池-1.jpg

                     上段、明神橋です。 下段、穂高神社の奥宮の明神池です。 イワナのような魚が泳いでいました。


                    徳澤園-1.jpg

                     明神池から徒歩1時間で徳澤に着きます。 この徳澤園は井上靖の小説「氷壁」の舞台になった所です。

                    散歩道-1.jpg

                     上高地の散歩道です。 白樺やダケカンバが沢山生えてます。 右下は日本アルプスの名付け親、ウオルター.ウエストンのレリーフです。

                     花もまだ沢山咲いていました。

                    バイカモ-1.jpg

                     上段、バイカモ(梅花藻)キンポウゲ科です。
                     下段左、サラシナショウマ(キンポウゲ科)です。若菜を水で晒して食べるのでこの名前が付きました。右、キツリフネ(ツリフネソウ科)です。 黄色い帆掛け舟を吊ったような花の形です。

                    ノコンギク-1.jpg

                    上段左ノコンギク(野紺菊)キク科です。 右、ヤチトリカブト(谷地鳥兜)キンポウゲ科です。

                    下段左、ハンゴンソウ(反魂草)キク科です。 反魂とは魂を呼び戻すことです。葉が幽霊の手に似ていることからこう呼ばれます。右、クサボタン(草牡丹)キンポウゲ科です。 葉が牡丹に似ているそうです。写した時、蝶がとまっていました。

                    ヤマホタルブクr0-1.jpg

                     上段左、ヤマホタルブクロ(キキョウ科)です。 右、センジュガンピ(ナデシコ科)です。

                     下段、ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科です。西日本は紅紫、東日本は白紫の花が咲きます。 ここでは同時に2種類の色の花が見られます。 この植物は下痢止めで飲むとすぐに効くのでこの名前が付きました。


                    ソバナ-1.jpg

                     上段左、ソバナ(キキョウ科)です。 右、カニコウモリ(蟹蝙蝠)キク科です。葉が蟹の甲羅に似ていて全体がコウモリソウに似ているのでこの名前が付きました。

                     下段左キンミズヒキ(金水引)バラ科です。 右、メタカラコウ(雌宝香)キク科です。

                     河童橋のそばに五千尺ホテルというホテルがあります。 上高地が標高1500m位なので、それにちなんで付けたそうです。

                     この五千尺の標高の地を梓川をわたる風に吹かれながら歩いているとと都会の猛暑をしばし忘れました。


                    スイスアルプス

                    2010.07.14 Wednesday

                    0
                       スイスアルプス12日間の旅に行ってきました。

                       成田から直行便でチューリッヒへ、そこから専用バスでサンモリッツに出ました。

                       サンモリッツからトレッキングの旅の始まりです。 ここでベルニナ山群展望ハイキングをして翌日は氷河急行でツェルマットに行きました。

                       ツェルマットから登山電車でゴルナーグラートに行き、山のホテルで一泊後、マッターホルンを見ながらハイキングです。

                      逆さマッターーホルン-1.jpg
                       マッターホルン(標高4478m)
                      が雄姿を現しリッフェル湖の湖上にも、その美しい姿が映し出されています。

                      マッターホルン5景-1.jpg
                       マッターホルン四景です。 左上は朝焼けのマッターホルンです。手前に見える天文台付きホテルに泊まりました。

                      マーモット-1.jpg
                       ミシャベル山群展望ハイキングでは、マーモットに出会いました。

                      アレッチ大氷河-1.jpg
                       世界自然遺産に登録されているアレッチ大氷河を見ながら氷河の小道のハイキングです。
                      左上の山並みの下にはアルプス最長の氷河が続いています。

                      ハイカー-1.jpg
                       雪渓も歩きました。右上はユングフラウヨッホからオーバーメンヒヨッホ小屋(標高3627メートル)への雪原ハイキングです。  その途中近くの尾根を見ると登山家が歩いていました。(左下)右下は、そのズームアップです。

                      ベルナーオーバーラント三山-1.jpg
                       メンリッヒェン展望台からのハイキングではベルナー.オ-バーラント三山が良く見えました。
                       左からアイガー(標高3970メートル)、メンヒ(4099m)、ユングフラウ(4158m)です。

                      ユングフラウその他-1.jpg
                       左上、ユングフラウ、右上、メンヒ、 左下アイガー、右下はサースフェーから見えるアラリン(4027m)です。

                       この時期は沢山の花が咲いていました。花の植生は日本と同じ種類の範囲に入るらしく、日本で見られる花とよく似た花が沢山ありました。

                      エーデルとアルペン-1.jpg
                       上段、エーデルワイス(キク科)です。 下段、アルペンローゼ(ツツジ科)です。 エーデルカイスは人工的に植えたようでした。

                      リンドウの仲間-1.jpg
                       リンドウ科の仲間の花です。 

                      ナデシコとオキナグサ-1.jpg
                       上段、ナデシコ科の花です。 右の花はシラタマソウと呼ばれています。
                       下段、オキナグサの仲間です。(キンポウゲ科)

                      きんぽうげとムラサキ-1.jpg
                       上段、キンポウゲ科の花の仲間です。
                       下段、ムラサキ科の花です。 左はワスレナグサの仲間です。

                      ノコギリとフウロ-1.jpg
                       上段、ノコギリソウ(キク科)の仲間です。右上はセイヨウノコギリソウと呼ばれています。
                       下段、フウロソウ(フウロソウ科)の仲間です。

                      ユリとワタスゲ-1.jpg
                       上段、ユリ科の仲間です。 
                       下段、ワタスゲ(カヤツリグサ科)の仲間です。

                      ミヤコグサ-1.jpg
                       上段、ミヤコグサ(マメ科)の仲間です。
                       下段、タマキンバイ(キンポウゲ科)です。

                      サクラソウの仲間-1.jpg
                       上段、マツムシソウ(マツムシソウ科)の仲間です。日本では水色に近い色をしていますが、こちらではピンクがかってました。
                       下段、サクラソウ(サクラソウ科)の仲間です。 小さな花が密集して咲いていてとても綺麗でした。

                       12日間の旅に雨は僅かに降っただけでハイキングや山の美しさを見るのには全く影響は無く、スイスアルプスを100%楽しめました。