スイスアルプス

2010.07.14 Wednesday

0
     スイスアルプス12日間の旅に行ってきました。

     成田から直行便でチューリッヒへ、そこから専用バスでサンモリッツに出ました。

     サンモリッツからトレッキングの旅の始まりです。 ここでベルニナ山群展望ハイキングをして翌日は氷河急行でツェルマットに行きました。

     ツェルマットから登山電車でゴルナーグラートに行き、山のホテルで一泊後、マッターホルンを見ながらハイキングです。

    逆さマッターーホルン-1.jpg
     マッターホルン(標高4478m)
    が雄姿を現しリッフェル湖の湖上にも、その美しい姿が映し出されています。

    マッターホルン5景-1.jpg
     マッターホルン四景です。 左上は朝焼けのマッターホルンです。手前に見える天文台付きホテルに泊まりました。

    マーモット-1.jpg
     ミシャベル山群展望ハイキングでは、マーモットに出会いました。

    アレッチ大氷河-1.jpg
     世界自然遺産に登録されているアレッチ大氷河を見ながら氷河の小道のハイキングです。
    左上の山並みの下にはアルプス最長の氷河が続いています。

    ハイカー-1.jpg
     雪渓も歩きました。右上はユングフラウヨッホからオーバーメンヒヨッホ小屋(標高3627メートル)への雪原ハイキングです。  その途中近くの尾根を見ると登山家が歩いていました。(左下)右下は、そのズームアップです。

    ベルナーオーバーラント三山-1.jpg
     メンリッヒェン展望台からのハイキングではベルナー.オ-バーラント三山が良く見えました。
     左からアイガー(標高3970メートル)、メンヒ(4099m)、ユングフラウ(4158m)です。

    ユングフラウその他-1.jpg
     左上、ユングフラウ、右上、メンヒ、 左下アイガー、右下はサースフェーから見えるアラリン(4027m)です。

     この時期は沢山の花が咲いていました。花の植生は日本と同じ種類の範囲に入るらしく、日本で見られる花とよく似た花が沢山ありました。

    エーデルとアルペン-1.jpg
     上段、エーデルワイス(キク科)です。 下段、アルペンローゼ(ツツジ科)です。 エーデルカイスは人工的に植えたようでした。

    リンドウの仲間-1.jpg
     リンドウ科の仲間の花です。 

    ナデシコとオキナグサ-1.jpg
     上段、ナデシコ科の花です。 右の花はシラタマソウと呼ばれています。
     下段、オキナグサの仲間です。(キンポウゲ科)

    きんぽうげとムラサキ-1.jpg
     上段、キンポウゲ科の花の仲間です。
     下段、ムラサキ科の花です。 左はワスレナグサの仲間です。

    ノコギリとフウロ-1.jpg
     上段、ノコギリソウ(キク科)の仲間です。右上はセイヨウノコギリソウと呼ばれています。
     下段、フウロソウ(フウロソウ科)の仲間です。

    ユリとワタスゲ-1.jpg
     上段、ユリ科の仲間です。 
     下段、ワタスゲ(カヤツリグサ科)の仲間です。

    ミヤコグサ-1.jpg
     上段、ミヤコグサ(マメ科)の仲間です。
     下段、タマキンバイ(キンポウゲ科)です。

    サクラソウの仲間-1.jpg
     上段、マツムシソウ(マツムシソウ科)の仲間です。日本では水色に近い色をしていますが、こちらではピンクがかってました。
     下段、サクラソウ(サクラソウ科)の仲間です。 小さな花が密集して咲いていてとても綺麗でした。

     12日間の旅に雨は僅かに降っただけでハイキングや山の美しさを見るのには全く影響は無く、スイスアルプスを100%楽しめました。











     

     

    箱根

    2010.05.18 Tuesday

    0
       家族サービスで1泊2日箱根に行ってきました。

       初日は箱根湿性花園に直行です。

       今年は礼文島とスイスに行くのでそれの予行演習で北国や山に咲く花を見てきました。

       エーデルワイス
       エーデルワイス(キク科)です。 先端にかたまっているのが花です。

       エゾウスユキソウ
       エゾウスユキソウ(キク科)です。 日本のエーデルワイスです。花びらのように見えるのは包状葉という名前の葉です。 中央の先端にかたまっているのが花です。

       コマクサ
       コマクサ(ケシ科)です。 高山植物の女王です。

      ユキワリコザクラ
       ユキワリコザクラ(サクラソウ科)です。 キンポウゲ科でないほうのユキワリソウの仲間です。

      レブンソウ
       レブンソウ(マメ科)です。礼文島に咲く絶滅危惧種です。

       クロユリ
       クロユリ(ユリ科)です。

       まさに花のデパートです。海外の花から高山植物、その他多くの花を見てきました。

       宿泊はハイアットリージェンシー箱根にしました。 浴衣の上に丹前を着ればどこでもフリーパスに変わり和洋折衷が板に付いてきたようでした。

       2日目はツツジを見に小田急山のホテルに行きました。

       山のホテル1
       普段は入場無料の庭園はこの時期は有料で1人800円でした。

      山のホテル2
       芦の湖が少し見えます。

       帰りは富士山を見ようと十国峠に回りましたが雲がかかって見えませんでした。

       あっという間の2日間でした。

       明日からはニリンソウの群生を見に上高地に行ってきます。
       

      キラウエア火山、その他

      2010.03.13 Saturday

      0

          ハワイ島のもう一つの見どころはキラウエア火山です。

         キラウエア

         上段、この山の火口です。 溶岩台地に咲いているのはオヒヤの木です。
         下段、水蒸気のような噴煙を上げているこの火山の火口の中心です。

         ハワイ島からカウアイ島に移りました。

         キラウエア灯台付近の海は野生の宝庫です。(キラウエア火山と同名ですが島が異なります。)

         くじら

         この上の写真はガイドのボビーさんが写したものです。 CDに焼いてもらってCDを持ち帰りここにアップしました。

         上段、ザトウクジラがジャンプして体を回転させている所です。
         下段、左、アホウドリ、右、とても珍しい赤尾熱帯鳥です。尾の長さが体長と同じ位長いです

         アホウドリ

         上段、アホウドリとその雛です。
         下段、左、ハワイ州の鳥ネネ(ハワイアングース)です。 右、カージナルの一種です。

         アホウドリの沢山いた場所が住宅地になってしまいましたが、アホウドリは生まれた所に戻ってくるため、住宅地となった嘗ての場所に戻ってきます。
         天使の鳥と言いたくなります。

         オアフ島に戻りました。

         ダイヤモンドヘッド

          上段、ダイヤモンドヘッド(標高232メートル)の頂上とそこから見たワイキキの海です。
         下段、左、「この樹なんの樹、、、」のハワイ合歓の木です。 右、ハワイ固有種の白いハイビスカス(アオイ科)です。

         番外編です。

         木に咲くスミレ

         上段、左、木に咲くスミレ(カウアイ島)です。 右、2種類の葉をもつコアの木(マメ科)です。
         下段、左、プルメリア(キョウチクトウ科)です。 右、ブーゲンビリア(オシロイバナ科)です。

         いままで持っていたイメージと異なるハワイを見てきました。

         

        マウナケア山

        2010.03.12 Friday

        0

            オアフ島のホノルルを経由してハワイ島に行き、標高4205メートルのマウナケア山に行きました。

           4輪駆動の車で午後に出発し標高2800メートルのオニツカビジターセンターで4時ごろ到着、高山に慣れるための夕食を取りました。

           マウナロア

            遙か遠くに見えるのがここの山頂に近い所から見たマウナロア山です。 (標高4169メートル)

           銀剣草

            途中に生育していた銀剣草(キク科)です。数十年かけて花を咲かせて枯れてしまう草です。 花粉を媒介する蜂が絶滅しているのでやがては見る事が出来なくなるという説もあります。

           マウナケア

           マウナケア山の山頂です。スバル天文台のある地点から30から40分かけて山頂に登りました。

           夕日

           マウナケア山頂から見る夕日です。

           天文台

           山頂から見る天文台と雲海。 すばる望遠鏡のあるスバル天文台は一番右に見えます。

           日没後、天文台のある所まで下って車に乗り、標高3000メートル位の所で「世界で一番美しい」星空の観察をしました。

           すばる、 オリオン座、カシオペア座、天の川も見えました。

          ニュージーランド

          2010.01.20 Wednesday

          0

              「日帰り満喫ハイキング9日間」というツアーでニュージーランドに行ってきました。
             オークランドから飛行機を乗り継いでクライストチャーチへそして車で世界遺産に指定されているマウントクック国立公園に到着です。

             翌日、マウントクックの麓にある湖までハイキングです。

             マウントクック

              幸運に恵まれて当日は快晴になりました。

             次の日はワナカでダイヤモンドレイクとロッキーヒル.ハイキングです。

             そして次の日はクイーンズタウンです。

             クイーンズタウン

             ワカテブ湖畔にあるこの町は将にアドベンチャーワールドです。
             右下のモニュメントはこの国の紋章でもある Silver Ferm(シダの一種)です。
             ここでは3日間の連泊です。ハイキングの帰りに世界で初めてバンジージャンプが行われたと言われるカワラウブリッジに行きました。

             見学だけのつもりがわずか43メートルのジャンプであると分かり私もトライしてみました。

             ジャンプ1

             ジャンプ2
             主催者が撮った写真を買ってスキャンして載せました。 久々にギャラリーに注目されることを経験しました。

             翌日は乗馬とセーリングです

             馬

             下段の花は左がブルーベル、右がマウンテンデイジーです。
             乗馬は高原の中を2時間の散歩です。
             セイリングはアメリカズカップに以前出たことのあるヨットに乗りました。少しだけ舟を操舵させてもらいました。

             また蒸気船に乗ってウォルター.ピーク高原牧場に行ってきました

             羊

              訓練された犬が羊を移動させることと羊の床屋さんを見学しました。

              最後にオークランドに戻りカツオドリの群生地ムリワイビーチに行きました

             カツオドリ

             
             将にコロニーです。海岸の一角がカツオドリでうめつくされていました。

             ほぼ毎日3時間位のハイキングとフリーデイのアクティビチイで充実した日々を過ごすことが出来ました。

             

            九州、城めぐり

            2009.03.17 Tuesday

            0
               長崎から佐賀へ城めぐり の旅にでました。

               平戸城です。

              平戸城


               聖ザビエル聖堂とお寺の見える風景

              聖ザビエル聖堂


               唐津城です。

               唐津城