東京散歩、目黒

2009.09.08 Tuesday

0

      JR目黒駅から目黒雅叙園に向かう坂が行人坂です。

     この坂の途中にあるのが大圓寺です。

     行人坂

      この寺が明和9年の行人坂の火事の火元です。この火事で死んだ1万4千人余りの人の慰霊のため石造の五百羅漢が造立されています。

     ここを過ぎてしばらく行くと五百羅漢寺に着きます。

     ここには松雲元慶が作ったとされる木造の五百羅漢が有ります。

     羅漢様
     撮影禁止なのでパンフをスキャンしました。

        羅漢様とは正確に書くと阿羅漢です。仏の位では、如来ー菩薩ー明王―〇〇天―羅漢ー人の順になります。悟りを開く一歩手前の人という意味です。

     大雄殿と庚申の塔です。

     五百羅漢寺

      庚申の塔は庚申信仰で満願になったとき建てられたようです。

     庚申信仰とは 庚、申の日に寝てしまうと体から「さんしゅの虫」が出て天帝に悪口を言いに行くので寝ないで酒食をしながら徹夜をします。

     それを年に6回、3年続け18回行うともう体から「さんしゅの虫」が出て行かなくなります。 それを記念して建てたのが庚申の塔です。

     五百羅漢寺のすぐ傍が目黒不動です。

     目黒不動

     

     不動明王は本地垂迹説によると大日如来の生まれかわりです。目黒不動の裏には大日如来の石造があります。

     ここには慈覚大師が「独鈷 とっこ」で地面をたたいたら湧きだしたという「独鈷 とっこの滝」があります。

     水かけ不動

     隣に写っているのは「水かけ不動」です。

     天台宗の不動様は眼や歯(犬歯)が一方は上を向いて片方は下を向いてます。

    世界最大級の地下空間

    2009.09.01 Tuesday

    0
        あるNPOの企画で「大谷石」を見てきました。

       JR宇都宮駅からバスに乗り作新学園の前を過ぎてしばらく行った所が宇都宮市大谷になります。

       この付近は建物や駐車場まで大谷石をくり抜いて作ったものも有りました。

       大谷石の建築物

       大谷石は凝灰岩で軟らかく加工しやすいので昔は色々な建築物に利用されました。

       大谷公園付近の風景です。

       大谷公園

       大谷石が露出しています。

       このそばに大谷資料館が有ります。

       大谷資料館

       この採掘場跡は約2万平方メートルあり世界最大級の地下空間だそうです。

       旧帝国ホテルはこの大谷石が、かなり使われました。

       現在、県庁のそばにあるカトリック松が峰教会です。

       松が峰教会

       昭和7年に建てられたこの教会は国の有形文化財となっています。 大谷石、いまも顕在と思いました。

       

      美ヶ原高原

      2009.08.27 Thursday

      0
          中央高速、諏訪インターを出てしばらく走ると霧ケ峰高原に出ます。

         この先、和田峠を越えた所が美ヶ原高原です。

         美ヶ原

         標高約2千メートル、風が爽やかでした。

         ここではハクサンフウロやマツムシソウが雑草の様に沢山咲いていました。

         ハクサンフウロ

          上の段のハクサンフウロは「性転換」する花として有名で、咲き始めは雄蕊が5本出て、それを2回繰り返し、その後雄蕊が無くなり雌蕊だけが出ます。

         自家受粉を避けるための工夫がされているとの事です。

         ウメバチソウも沢山咲いていました。

         ウメバチソウ

         この花は仮雄髄(かりゆうずい)言われる偽の雄蕊で虫を引き寄せます。

         他にも沢山の花が咲いていました

         ヤマハハコ

         上、左より、ヤマハハハコ、ハナイカリ
         下、左より、アキノキリンソウ、ウツボグサです。

         ウスユキソウ

         上、左より、ウスユキソウ、ミヤマダイモンジソウ
         下、左より、サイヨウシャジン、ゴマナです。

         

        千代田区立外濠公園

        2009.08.24 Monday

        0

            JRの四谷駅から飯田橋駅に続く公園を外濠公園と言います。

           外濠公園

           ケヤキ並木が続く都会のオアシスです。 写真下の左に総武線の電車が通り過ぎる中に悠然としてダイサギが動かずにいます。

           この公園は蝉が羽化する所です。

           蝉

           アブラゼミの名前の由来は鍋に入れた油が熱くなるとジージーという音がします。その音に鳴き声が似ているからと言われてます。

           蝉の中でもこの蝉のように色の付いた羽の蝉は世界では珍しいので海外ではとても珍重されるようです。

           アブラゼミのぬけがらが沢山ありました。 都会の蝉は羽化するとき地上からかなり低い所の葉の裏で羽化します。

           カラスやヒヨドリに見つからない様にしていると言われています。

           自然の豊かな所ではカラス等が多くないので四足動物に食べられない様、かなり高い所で羽化すると言われています。

           桜の頃は花見が出来ます。

           この日咲いてた花は以下の通りです。

           キョウチクトウ

           上、左からキョウツクトウ、サルスベリ
           下、左から、ヤマボウシ、アベリアです。

           ヤマボウシは花と実が同時に見られました。

           ノシメトンボ

           
          ノシメトンボとジョロウグモがいました。

            ノシメトンボは腹部の黒い斑紋が熨斗目模様に似ていると言われていますが「のしめもよう」とは何か良く分かりません。

           ジョロウグモはメスの方がオスより2,3倍大きくて最後にオスを食べてしまう事があるので女郎蜘蛛と呼ばれたりしていますが、体の模様の美しさから位の高い女館を表す「上臈、じょうろう」から取られた「じょうろうぐも」が訛ったとも言われてます。

           

           

           

           

          日光植物園

          2009.08.23 Sunday

          0

             東武伊勢崎線東武日光駅からバスに乗り、日光植物園(東京大学付属)に行ってきました。

             ここは植物園であると同時に研究機関です。

             ここの目玉は何と言っても、キレンゲショウマです。

             キレンゲショウマ

              この花はユキノシタ科キレンゲショウマ属に分類されています。 1890年に東大教授が日本の学術出版物に日本人として初めて発表した最初の高等植物のの属だそうです。

             レンゲショウマも咲いてました。

             レンゲショウマ

             レンゲショウマはキンポウゲ科に属する日本固有の植物です。関東では8月の半ば過ぎに咲きます。 御岳山の群生はとても有名です。

             フシグロセンノウです。

             フシグロセンノウ

             茎では無く節の部分だけ黒くなっているのでこの名前が付きました。この園の管理者がこの花が大好きと見え園内至る所に咲いています。

             ホトトギスとヤマジノホトトギスです。

             ホトトギス

             右の花びらが下向きに反っているのがヤマジノホトトギスです。

             左よりベニハナサワギキョウとトチバニンジンです。

             ベニバナ


             他にも色々な花が咲いていました。

             ワレモコウ

             上、左から、ワレモコウ、ゲンノショウコ
             下、左から、ヒメキンミズヒキ、ハンゴンソウです。

             キンミズヒキは雄蕊が15本くらいですがヒメキンミズヒキは雄蕊が5本くらいです。

             

             

            箱根湿性花園

            2009.08.22 Saturday

            0

                箱根湿性花園に行ってきました。

               湿性花園

               オミナエシ、カワラナデシコ、コオニユリ等の咲くこの湿性花園にはあたかも「心の故郷」のような思いを抱きました。

               沢山の花が咲き乱れ、花の脇には花の名札が有ります。 夢中でシャッターをきりました。

               ミソハギ

               

              上、左から、エゾミソハギ、タムラソウです。
               下、左から、スズムシバナ、エンビセンノウです。

               次の写真です。

               アサマフウロ

               上、左から、アサマフウロ、サワヒヨドリです。
               下、左から、センジュガンピ、シラヒゲソウです。

               次の写真です。

               スズカケソウ

               上、左から、スズカケソウ、マツムシソウです。
               下、左から、アカバナ、ツリフネソウです。

               次の写真です

               ヤマトリカブト

               

              東京散歩、皇居

              2009.08.19 Wednesday

              0
                  地下鉄九段下駅から少し歩いて武道館を近くに見ながら、皇居の田安門に入りました。

                 田安門

                 徳川御三卿の田安氏が近くに住んでいたからこの名が着いたと言われています。 典型的な「渡櫓門」です。

                 近くの清水門を入ると江戸城に唯一残る「雁木坂」と呼ばれる階段があります。

                 雁木坂

                 幅も高さも意識的に不揃いにして敵が門を破って入って来ても早く歩けないように工夫してあります。

                 この奥に東御苑への入口、北はね橋門があります。

                 北はね橋門

                 この門の奥に見えるのは天守閣の土台です。 現代風に言えば非常時の避難口にあたるもので往時は橋はいつも吊りあげられていました。

                 本丸から見た天守閣跡です。

                 天守閣

                 明暦の大火で焼失しました。 家光の異母弟、保科正之の進言により、この天守閣は再建されなかったそうです。

                 皇居には秋を知らせる植物も沢山ありました。

                 皇居の植物

                 上、左からサンゴジュの実、シンテッポウユリです。
                 下、左から、ハクウンボクの実、カリンの実です。

                 帰りに「ゴーギャン展を見てきました。

                 ゴーギャン

                 この大作、とても魅力的です。

                東京散歩、東京駅、日本橋

                2009.08.18 Tuesday

                0

                    大正3年に開業した、東京駅の待ち合わせ場所のシンボル「銀の鈴」でした。

                   現在の鈴は4代目で東京芸術大学の学長の方が2007年に作りました。                    また昭和5年に東京駅で暗殺された浜口雄幸首相を偲ぶ碑文と暗殺された場所を示す印が中央コンコースに残っています。

                   銀の鈴と浜口首相が暗殺された場所を示す印です。

                   銀の鈴

                   
                    5,6番線ホームに現在も残る操業当時の面影です。

                   東京駅

                   左上、品川よりのプラットホームが右にカーブしてますが、創業当時はこのカーブに沿って線路が有りました。
                   右上の白い板で作られた標識の様な物の隣にある、金属製の上部に丸い穴があいたものが、鉄道の距離の起点となる、鉄道元標です。

                   下は往時のままの柱です。

                   東京駅を出て常盤橋に行くと外堀に面した常盤橋御門の名残りが有ります。

                   常盤橋

                   当時は常盤橋の 「盤」という字を「磐」と書いたそうです。 時の下が皿であると割れるから縁起が悪いので石の字を用いました。

                   この近くの、みずほ信託銀行の前に、恋多き男性、竹久夢二のお店がありました。「湊屋」(みなとや)という名前でした。

                   夢二

                   もう少し歩いて日本橋に行きました。

                   日本橋

                   右上が「道路元標」のレプリカです。 本物は道路の真ん中にあります。左下が空から見るための道路元標です。 右下が江戸時代高札場のあった所です。

                  「 お江戸日本橋七つだち(現在の午前4時ごろ)、、、の歌が聞こえてきそうです。

                   


                   

                  大型客船で昼食会

                  2009.08.16 Sunday

                  0
                       非現実的な空間を味わおうと思い、横浜港の大桟橋に停泊している船の昼食会兼説明会に家族で行きました。

                     日本で2番目の大きさの客船「ぱしふぃっく びいなす」です。

                     びいなす


                     総トン数約26000トン 定員約700人です。 桟橋から船に乗ると、そこが6階です。 最上階は12階でした。

                     8階に船の周りを1周出来る通路が有りました。 そこから横浜の景色を撮りました。

                     日本最大の客船「飛鳥供廚停泊していました。

                     飛鳥

                     ランドマークタワーと観覧車です。

                     ランドマーク

                     横浜ベイブリッジです。

                     ベイ

                     他の写真です。

                     インター

                     

                    東京散歩、またまた浅草

                    2009.08.15 Saturday

                    0

                        ボランティア通訳のため浅草に出かけました。

                       浅草寺の近くで29日に行われる「浅草サンバカーニバル」のデモをしていました

                       サンバ

                       浅草寺を通り過ぎると、やはり日本手ぬぐいの店、「ふじ屋」のショウウインドウが見逃せません。

                       ふじ屋

                       浅草神社の境内では「猿回し」をしていました。

                       猿回し

                        此処まで来ると新門辰五郎が伏見稲荷から勧請した「被官稲荷」にも行かなければと思いました。

                       稲荷


                       浅草寺界隈を出て、浅草駅から東武電車に乗り業平橋駅で降りて「東京スカイツリー」の建設の過程を見てきました。

                       スカイツリー

                       この塔の本体が顔を表してました。数年後には東京のシンボルになるかも知れません。